So-net無料ブログ作成
検索選択

聖ノア通信 - 当病院の日々の出来事、ペットにまつわる色々な話をつづります -

ピザ職人の代償

「あら、手には、消炎剤ですか?」

新しく迎えたトイプードルの子犬、そのワクチンにマダムKが御嬢さんと来られました。その御嬢さんの白くて細い両手に、しっかりシップが貼られていたのです。

「はい、ピザ屋さんでバイトをしてたんですが、一日百枚くらい焼いてるうちに、腱鞘炎になって・・・。」

「へーえ、百枚ですか?むむ、ピザ屋さんのは、ピザ生地は最初から出来ているんじゃないんですか?」

「はい、団子状に丸めた冷凍生地があるんです。それを解凍して、一個一個押して引き伸ばしたり、それからグルグル回転させたりして広げていくんです。

ガラスの向こうで、お客さんや子供たちが見つめているので、パフォーマンスに緊張します。

え?腱鞘炎ですか?正月から病院に通い始めて、もう一年近くになります。ブロック注射も十数回打って・・・。バイトはもう止めました。」

「正月から?・・・それは長いですね。大変ですね。うーん、それだと、・・・家のお掃除も手伝えないね!」

「うん、そう。ねえお母さん、ドクターの命令だよ。お掃除なんか、手伝わなくていいって。」

「だめよ、そんなことはないわ。掃除はしてくれないと・・・。」

「だって、先生が・・・」

「だめよ、だめだめ、・・・」

私が余計な冗談を入れたので、お母さんと御嬢さんが笑いながら言い合っています。

こうして三か月の可愛いプードルは,ワクチンをうち終えて、みんな元気に帰っていかれます。

「今日は立冬」と、テレビアナウンサーが盛んに言っている、ある日のことでした。


トップへ戻る
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。