So-net無料ブログ作成
検索選択

聖ノア通信 - 当病院の日々の出来事、ペットにまつわる色々な話をつづります -

カラスよ、おまえなのか!?

「先生、これ、何でしょう? 瓦みたいなのが、玄関に置いてましたけど。」

「え? 何々? あら、瓦だね。どうしたの?」

「はい、玄関の階段のところに、ちょこんとありました。」

「えーっ、どうしてそんな物が、・・・まさか!?」

私はあわててドアを飛び出し、玄関先に行った。

「ほら、ここの所にあったんです。」

猫娘が指さす。私はそこからすーっと屋根へ視線を上げていった。

「やややっ、あそこだ! ぬぬぬっ! 瓦が割れてる!」

玄関横にある犬の入院室、その大屋根の真ん中の瓦が一部割れて、その半分が落ちてきたようだ。

「どうしたら、あんな真ん中の瓦が、一枚割れるんだ!?」

理由がわからないが、下の防水シートがむき出しになっている。これは早く直さないと、雨が降り出したら大ごとだ。空は曇り模様です。

私はあわてて駆け戻ると、知り合いの工務店に電話をした。

幸い数時間後、屋根屋さんが見に来てくれた。若い青年だった。

「ああ、あそこですね。勾配がきついなあ。」

「あの、どうして突然、屋根の真ん中の瓦が割れるんですか?どうしたら、こんなことが起こるんですか?」

私は納得がいかないので、屋根屋さんに聞いた。

「うーん、よくカラスが物を咥えていて、空から落とすことがあるみたいなんですけどね・・・。」

「カラスがですか、むむむ・・・」

誰も目撃者がいないし、ここでカラスを犯人に決めてしまうのは、それこそ思い込み捜査だが、私の頭では次の瞬間には、黒ずくめの悪者ガラスが、空を悠々と飛び去る姿が、浮かんできた。

「あほー、あほー」

「むむむ、なんと迷惑な奴らだ!」

 何の証拠もないのに、もう犯人は絞り込んでしまった。とはいえ、どうしようもない。仮に現場を目撃していたとしても、もう一度飛んできたカラスが果たして同じカラスかどうかも、見分けがつかないだろう。彼らは完全犯罪ができる。

「むむむ、どうしようもないのか・・・」

人間様だと普段威張って、動物を憐れんでるが、翼を持って大空を自由に飛んでいるカラスから見たら、人間なんてくだらないねと、思っているかもしれない。

うーむ、それにしても、世の中ってのは、いつ何が空から降って来るか、わからない危険な世界だったのか。

隕石でも、雷でも、火山弾でも怖いが、爆弾やミサイルは遥かに怖い。何しろ人を殺そうと狙って落ちて来るのだから。

カラスの落とし物くらいの心配で済む日本であることを、とりあえず感謝しなければ。


トップへ戻る
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 1

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。