So-net無料ブログ作成
検索選択

聖ノア通信 - 当病院の日々の出来事、ペットにまつわる色々な話をつづります -

網膜黄斑変性

「こんにちわ!ねえ先生、うちのモーセ君が二日前からなんだかフラフラするような歩き方で、診てください。」

マダムTが可愛いヨークシャーテリアを連れてお出でになりました。もう16歳、かなり高齢です。

「あら、この前カットしたばかりですよね。その時の疲れが出たのでしょうかね。」

 神経疾患かなと思いつつ血液各種検査をしたところ、肝臓酵素値の増加と、白血球数が三倍くらいに上昇しているのが見つかりました。

「マダム、本当に具合が悪いようですよ、これはお薬が要りますね。」

「えー、そうなんですか。まあ、うちは病人ばかりだわ。だって主人がね、網膜黄斑で今週入院して手術を受けたんですよ。」

「そうだったですね。」

「へへ・・・、それでね、三日間ベッドでうつむいて、顔だけ出せるまくらに伏せて、じっと床しか見れない状態なんです。そうしてないと、網膜にガスがまた溜まるといけないそうなんです。

でね、眼科って、女性の先生が多いでしょ。しかも、美人ドクターが多いのよね。それで言ったの。

「あなた、せっかく先生も、看護士さんも美人ばかりなのに、見れなくて残念ねって。」

看護士さんが『テレビぐらいつけて音でも聞けるようにしましょうか』?って、言ってくださったんですが、見れないテレビもどうかと思って、『いらないわよね?』って聞いたら、『うん』て。

ずっと下を向いているから、『あなた、ふだん悪い事ばかりしているんだから、いい機会だから、そうやって当分反省していなさい!』って言ってやったんです。フフフ・・・

『しっかり頭を下げて、下を向いて、十分反省しなさいよ』って。

何だかごちゃごちゃ言ってたけど、とにかく今は下を向いているしかないから、『じゃあね、反省が足りないと、月曜日まで延びるかもしれないよ。』って言って帰って来ましたよ。ハハハ・・・」

いつも仲の良い御夫妻ですが、相手が抵抗できないとわかると、なかなか厳しい手で攻めて来るようです。

「先生も、そろそろ歳だから、目には気をつけてくださいよ。フフフ・・・」

そう言って、マダムは帰って行かれました。

(むむむ・・・、そうか、網膜の黄斑変性には、気をつけないと、僕も何と言われるかわかったもんじゃないぞ・・・)と思いました。

それと美人の看護士さんが見えるように、もしもその時は、手鏡を持って行こうと。


トップへ戻る
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。