So-net無料ブログ作成

聖ノア通信 - 当病院の日々の出来事、ペットにまつわる色々な話をつづります -

夜のタクシー

「今週はゴールデンウイークですね。忙しいですか?」

「いんや、うちは夜しか走らんし、野球もあるし」

ビーグルのターちゃんが、耳血腫で通院して来た時、ムッシュNにお聞きしました。ムッシュは、個人タクシーを経営されています。もう働く必要もない御身分のようですが、大好きなソフトボールと仕事とを続けながらますますお元気です。

「しかしねえ、夜の酔っぱらいは困るねえ。この前もね、『野間まで』と言われて走ったけど、野間に着いたらお客さんが寝込んでね、『家はどちらですか?』って、いくらゆすっても起きんのよ。

ほとほと困ってね、近くの警察署に連れて行ったよ。そしたら、『いや、うちは今日は満杯。もうトラは収容できん。隣りの警察署に連れて行って。』ち言われてね。ほら、だいたい地下にそんな場所があるでしょうが。

そうよ、仕方ないから、別の警察署まで連れて行ったよ、タクシーでそのまま。

そしたらそこの警官の一人が、『あ、またこの人か! たしかこの前も来とったよ!』て言ってね。往生したよ。

でもね、男の場合はまだいいたい。女の人の場合が困る。」

「え!? 女の人でも、寝込みますか!?」

「そうよ、おるんよ。だけど、ちょっとでもゆすったりしたら、『あ! あんた、私に触ったろ!』とか言われかねんけね。そうよ、トントンってしたって、後で何ち言われるかわからんけね。どうしようもできんで、やっぱり、警察に連れて行くしかないよ。

それにね、この前は、乗せたお客さんが、途中で吐いてね。おろしたばかりワイシャツにもべっとり飛ばされて、もう仕事ができんやった。」

「それは困りますね。」

「そうよ、それがね、車内のクリーニング料をいただかんといけないのですが・・・と言っても、『払わん』とか言われてね。『俺が自分できれいにする』とか言うけど、そんなできんでしょうが、次のお客さんを乗せられるくらい綺麗にはね。」

いつもはつらつとしたムッシュですが、なるほど、聞けばポロポロと、次から次にいくらでも苦労話が出てきました。本当はもっと言うに言われぬ話しもあるのかもしれませんが、今日はもう耳の治療の方が終わりました。

さあ、今夜はムッシュ、中洲あたりでハンドルを握っているでしょうか?・・・

「運転手さん、野間まで!」

「・・・はい、・・・えっ、ドキッ!」


トップへ戻る
nice!(1)  トラックバック(0) 

nice! 1

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。