So-net無料ブログ作成
検索選択

聖ノア通信 - 当病院の日々の出来事、ペットにまつわる色々な話をつづります -

気の進まない骨折の手術

しばらく前の事、前足を痛がるとプードルの子犬がやってきました。レントゲンを撮ると、骨折です。前腕の横骨折、トイ犬種は骨が細いので、椅子からちょんと飛び降りただけで、ポッキリ折れるのです。

痛いでしょうに、それでもやんちゃざかりの子犬ですから、少しもじっとしていません。

「トイ種の骨折治療は、順調にいかないことも多いので、専門医で相談された方がいいですよ。」

そうお話しして、副木固定だけして、お返しいたしました。

ところがそれから一週間もたたないうちに、また別のプードルで、同じ場所の骨折の子が来院しました。

レントゲン像もそっくり。

私はその方にも、トイ犬種は、骨折手術の経過が順調とは限らないので、専門医をお勧めしました。

けれどその方は、昔から当院に時々かかられている方で、よその病院はあまり知らず、ここで良いと言われる。

「いえ、本当に骨折は、その後が必ずしも順調にいくとは限らないので、どうぞ専門医でなさってください。」と、再度お勧めしました。

ご年配のご主人は、困ったような顔で、うんとは言ってくださらない。

「いや、うまく固定が出来ないと、治らないかもしれないし、うまくいっても安静に出来ないと金属が折れたり、骨が弱くなって骨融解を起こしたり、本当にトラブルも多いのです。最悪の場合、もし断脚でもなったら大変ですよ。・・・え、それでもいい?その時は諦めるから・・・、ううむ、困ったなあ・・・」

気が進まなかったのですが、やむを得ず引き受けて、そしてなんとか無事予定通り手術は終了しました。一週間ほど入院して、自宅治療に切り替えていますが、家の中で自由にしていて、どこまで安静に出来ているか、ちょっと不安です。

手術後やっと三週間ほど経過して、抜糸もできました。今の所、御夫妻で通院して戴きながら、喜んで下さっています。

獣医としては、どうぞ順調でありますようにと、恐る恐る祈るばかりです。


トップへ戻る
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。