So-net無料ブログ作成
検索選択

聖ノア通信 - 当病院の日々の出来事、ペットにまつわる色々な話をつづります -

両親の世話か、猫のためか??

「今ですね、鹿児島に主人の父が97歳で、母が90歳で、いえもう入院しているんですけどね、それで月に一回主人が帰っているんですよ。」

育ち盛りのプードルを連れてマダムIがおいでになった時、そう教えてくださった。

「あら、それは大変ですね。」

「その時ですね、『むこうの猫に食べさせてやる』と言って、猫用の缶詰を買い込んでいくんです。

『そんなに高いのにせんでも、普通のでいいやろ』と私が言っても、
『うちの猫だけ美味しいものを食べさせるわけにはいかん』って言って、高い缶詰を持って行くんです。」

「ご主人は猫が好きなんですね。」

「ええ、ハハハ、前の猫が死んで、次の猫が来んように私は犬を買ったんですが、やっぱり猫が好きみたいで、・・・」

「そうそう、うちの病院から一匹、里親捜しで子猫を引き取って行かれましたよね。」

「はい、それで、もういいやろうって思うんですけど、鹿児島の猫も気になるみたいで、」

「ハハハ、ご両親の介護に帰っているのか、猫の世話に行かれているのか、わかりませんね。」

「そうなんですよ、向こうには弟も住んでいるから、そこまであなたが猫にせんでもいいと言うんですけどね。」

うーん、ムッシュはよほど、猫好きなのでしょうか。

いえ、・・・最近思うのですが、人は何かを世話をする時、本当は好きだからしているだけでなく、癒されたくてしているような気がします。

そうでなければ、鹿児島まで重い缶詰を抱えて出かけるでしょうか?

可哀想だから、好きだから世話をするのは勿論ですが、それだけではなかなか体は動きません。
それらに加えて、自分自身が癒されることをどこかで感じるから、お世話ができるのではないでしょうか。

「お世話をさせていただく」というのは、本当にそうなのかもしれません。
トップへ戻る
nice!(0) 

介護の明暗

「先生、高齢で寝込んでしまったストームを世話していたら、昨日は腫れた足からドクドクと膿が川のように流れ出てきたんです。もうすごいショックでした。わたしどうしたらいいのかわかりません・・・。(ボロボロとマダムは涙を流して泣かれる)

もうこんな思いをするのなら、わたしは二度と犬は飼いたくありません。先生、どうして世話したらいいんでしょうか?(さらに涙があふれ出る・・・)」

黒いラブラドールの女の子ストームちゃんは16歳半です。優しくて元気なワンちゃんでしたが、年月の流れには勝てず、だんだん痩せてきて、とうとう寝込んでしまいました。

数日前から足の腫れに気がついていましたが、おそらく感染があったのでしょう。マダムが世話をしている時に破れて膿が出てきた事が、大変ショックだったようです。

お嬢さんと二人で来られ、泣きながら訴えられました。

その日はお話しだけだったので、しばらく時間をかけてゆっくり話し込みました。

後日ストームちゃんを連れて来てくれました。
すっかり肉が落ち細くなって診察台に寝ているストームちゃんを治療をしながら、今の状態で具体的にしてあげられることや、介護の方向性を家族で選択することなど話し合いました。

それから一週間、マダムは人が変わったように随分晴々とされ、先日はご家族4人でワイワイ楽しそうに連れてきて下さいました。

点滴の間も、ムッシュが

「こいつはね、子犬の頃咬みつきがひどくてね。会社に行くでしょ、そうするとキーボードを打っている僕の手を見て同僚が『おまえ、それ、どうしたんや!』って、聞くんですよ。

『うん、犬に咬まれた。』

『どこの犬や?』

『うちの犬よ』

『おまえそれ、飼犬に手を咬まれるちゅうことやなあ、ワッハッハ・・・・』

なんてね、そんな時期がありましたね。」

と、ニコニコしながら言われると、マダムもすかさず

「そうそう、それでね、わたしも随分咬まれたからね、もう腹に据えかねてね、ある日手に咬みついて来た時に、握りこぶしを作って、それをストームの口に入れてグイグイ押し込んでやったんです。

そしたら、びっくりしたんでしょうね。それ以来、ぴたっと咬まなくなったんです。」

「そうよねえ、最初は甘噛みでも、結構痛くてねえ、ウフフフフ・・・・」

二人のお嬢さんも一緒に笑いながら、ストームちゃんの点滴を見守り、昔話に盛り上がっていました。

「先生、わたし『犬を飼う時は、老犬の介護も楽しむつもりで』と言われて随分気が楽になりました。

それでですね、昨日なんか、随分食べて、びっくりしました。もう二度と食べきらないと思っていたのに。」

マダムはそう言って、笑ってくださった。

寝たきりの大型犬の介護という、当面の課題は全く同じなのです。
同じなのですが、気持ちの切り替えで、同じ重荷が随分楽しそうにできているご家族の様子を目の当たりにし、私もびっくりしました。

マダム一人で抱え込まなかったのも、大きな理由でしょうけど、本当の所はどこが切り替わったのがポイントでしょうか?そこのところを詳しくお聞きしたい思いでした。
トップへ戻る
nice!(0) 

猫の出勤

「あのですね、いつも決まった時間になると、うちの垣根を通って行く猫がいるんです。」

ある日飼い猫の診察を終わった時、思い出したようにマダムがそう言われた。

「へえ、毎日、決った時間にですか?」

「そうなんです、いつも同じ頃になると、うちの庭を歩いて行く姿が見えるんです。」

マダムから聞いたのは、ただそれだけでした。

(ふーん、猫にも「決った時間」があるのか・・・。)

それがノラ猫か、それとも放し飼いの猫かわかりません。どちらかは不明ですが、猫も予定を立て、時間を見計らい、人のように行動を起こせるのでしょうか。

その猫は「とおる君」という名前が、いいような気がします。

とおる君は、縄張りの巡回に出かけるのでしょうか?4丁目は誰にも渡さないぞと、睨みを利かせて一回りしているのか?

それとも、かおるちゃんちの台所に入って、たーくんの飯を横取りする時間なので向かう途中でしょうか?

とにかく自分の意思で起き上がり、決めたコースを予定通り歩いているのは確かです。

そういう意味では、私たちが朝決ったように起き上がり、カバンを下げて学校に行くのと同じように、スケジュール通りに動いているわけです。

違う点と言えば、私たちは行きたくなくても無理に自分に言い聞かせて、頑張って学校向かうわけですが、

猫は、自分のしたい事をしており、しかし規則正しく予定通りに動いていると言う事でしょうか。

雨が降ったら「今日は止めとこう」とか、小雨だったら「どうしようか行こうか行くまいか迷うなあ・・・」とか、

あるいは途中で、飼犬の散歩に出くわしたら、車の陰に伏せてやりすごすまで待って、そしたらマダム達が立ち話を始めてなかなか動かず、「チェッ、今日は手間取っちまったなあ・・遅刻だ!」とか、

いろいろ考えて歩いているのでしょう。

猫を、いつ見てもどこそこ寝そべって、仕事もなくのんきに生きている奴らだ・・・なんて言うのは、大変な誤解かも知れません。

休日にゴロゴロしているお父さんと同じで、
ただ、誤解されたまま生態観察されてきた動物なのでしょう。
トップへ戻る
nice!(0) 

海苔の佃煮

雨のしょぼつく午後でした。
検査室で私がパソコンに向かって作業をしていると、カメ子がやって来て何か洗い物を始めた。

流しに向かい、水道を流しながらキュルキュル洗っています。

「先生、このビン何だかわかります?」

カメ子がこちらを見ながらニヤリと笑って聞く。

「え? 何だって?」

「これですね、ヘヘヘ、先生が買ってくれた海苔のビンですよ。」

「海苔のビン?」

「ほら、みんなで柳川に遠足に行った時、先生がお土産にって、一つずつ買ってくれたじゃないですか!」

「ああ、・・・あの時ね・・・」

瞬間私の脳裏にひらめいたのは、柳川の松涛園近くの掘割沿いの店で、並べられていた佃煮を手に取った時の情景でした。

「うーん、これにしようかな、これちょうだい、4つ!」

(・・・しまった。あの時は節約して、小さな海苔の佃煮しか買わなかったんだ。もう少し良いものを買ってあげたら良かったなあ。
北原白秋の詩集とか、下げもん飾りとか・・・申し訳ないなあ・・・)

私は小さなビンを洗っているカメ子をチラと見ながら、無言で責められているような気がして密かにうろたえた。

しかし、今さら反省しても仕方ない。
第一、うちのスタッフ達のことだから、北原白秋の詩集より、佃煮のほうが良かったかもしれないじゃないか。
ただウナギならもっと良かっただけの話である。

私はジョークで切り抜ける事にした。

「そうか、海苔の佃煮か。ハハハ・・・、ところであれはどうした?ほら、真珠のネックレスも一緒に買っただろ?」

「ああ、あの真珠ね、あれは偽物でした。」

瞬時にカメ子に切り返されてしまい、私の笑い声も空しく止まる。

「・・・キュッ、キュッ・・・」

ビンを洗う音だけが、耳に刺さる午後・・・・。

(ところでカメ子がそれを洗っている理由は、病理検査のホルマリン検体を入れるのに適当なサイズのビンだからです。)
トップへ戻る
nice!(0) 

ハンナ

「あっ、こいつ生意気に、牙を剥いてうなるぞ!」

白い子犬は、帰宅した私がリビングに入り優しく彼女の体を撫でた途端、目を吊り上げて怒った。そしてグワッと私の手に咬みついてきた。
それがゴールデンレトリバーのハンナが我が家に初めて来た日の、最初の彼女の行動でした。

ハンナはイギリス系ゴールデン特有のまっ白い毛色をした犬でした。生後40日で体重は約5kg。まだやっと乳離れしたかどうかの時期です。普通なら、「くんくん」鳴いて悲しそうな、心細そうな仕草をみせる時期なのですが、彼女は違っていました。

リビングで我が物顔で自由に振舞います。ちょっとでも余計な事をすれば容赦はしないぞという目つきです。

「おやおや、これはジョイやサリーとはだいぶ違うぞ・・・」

私は瞬時に頭を切り替えました。ラブラドールの先輩達は、最初から愛想が良くて、甘えん坊で、『遊んでよ、かまってよ!』と尾を振ってまとわりつきました。

ところがハンナときたら、好きに振舞うのがまず一番のようです。

しばらくあやしてみましたが、はすに構えた目で睨んだかと思うと、小さな乳歯で咬みついてきます。

「ウー・・・、ガウガウ!・・・」

「痛ててて・・・お前、本気咬みしてるな!」

こうなったら、私も負けるわけにいきません。
長く暮らしていく為には、最初が肝心です。
もし最初に失敗したらその後がどんなに大変かは、すでに結婚生活でしみじみ学習しましたから、今度ばかりは負けるわけにはいきません。

「このやろう、俺だって咬みつくぞ!」

私はハンナを組み伏せて、鼻づらに咬みつきました。

「どうだ、まいったか!?」

しかしハンナは、仰向けになり黙ってじっと耐えます。30秒でしょうか、40秒でしょうか、彼女が黙ったままなので、もういい加減わかってくれただろうかと口を放すと、瞬間にガウガウと子犬とは思えぬすごい形相で反撃してきました。

「うわあ・・・、こんな強情な子犬も珍しいなあ・・・」

どうかしたら野生の血が濃いタイプは、人に慣れにくい事があります。勿論純血種だと、基本的にはそんなばらつきはないはずですが・・・。

(やれやれ、困ったぞ。・・・・・)

しかしもう一度彼女が咬みかかって来た時、私も意を決心し彼女の鼻先を掴んで押し倒し、先ほどよりずっと強く、ガブリと咬みついてみました。
今度は鳴くまで放さないぞと決め、ジタバタする手足も押さえたままギリギリ咬みつくと、とうとう降参をしてくれました。

「・・・・・・キャンキャン・・・・キャンキャン・・・・」

ちょっと過激かな?と、思われる方もいるかもしれません。
しかし激しく叱ったのは、生涯それ一回きりでした。
それ以来ハンナはずっと私になついてくれました。
そして15年間、二度と同じことを繰り返す必要はありませんでした。

言えば何でも解ってくれました。但し、その言いつけを守れるかどうかは別ですが。
でもそれは私たち人間だって、学校で先生のおっしゃる事はわかっても、言いつけを守れるかどうかは別でしたからね・・・。

獣医に飼われた犬の宿命で、伝染病で死にかけた犬を助けるため、何度も献血の志願をさせられ?ました。ハンナの血は、抗体と生命力に溢れており、もうだめかなと思われる子犬を何度も助けてくれたのです。
クッキーちゃん、ジャブちゃん、ポメちゃん、ベルちゃん、キュンちゃん、サラちゃん、ルナちゃん、ココアちゃん、
彼女のカルテには、供血した子犬達の名前が残されています。

自宅では他の犬たちとちょっと別の行動様式を示し、最後まで自分優先の欲求態度を見せました。
そして顔を撫でて上げると、頬を緩めてニヤリと笑い顔のような表情を作る不思議な犬でもありました。

そんな我が家のお姫様のハンナも年をとり、この七月ロマンチックに晴れた七夕の星空の夜に呼吸が荒くなります。翌朝は持ち直して安心したころ、掃除をしていた妻がふと見るとひっそり旅立っていました。
15歳と4ヵ月でした。

少しも十分な事をしてやれませんでしたが、たくさんの事を私たちに教えてくれた彼女でした。
トップへ戻る
nice!(0) 

新婚旅行二日前

「あの、交通事故の犬がいるので、診てもらえますか?」

金曜日の夜、病院を閉めようとしていたら電話があった。
しばらく待つと、青年が到着。

「車に乗せてきたけど、降ろせなくて・・・」

「御自分の犬じゃないんですね? 怪我をした犬は咬みつきますからね。じゃあ、私たちで降ろしましょう。」

助手席に乗せられていたのは、老いた中型犬。首にリードをつけ、ゆっくり抱え、そのまま診察室へ直行する。
診察台では、横たわり立てそうにない。骨折か脱臼を疑ったが、レントゲンを撮ると骨盤骨折だった。

「最初は女の子がこの犬を助けようとしていたんです。それで私も手伝ったんですが、さあ、こんな夜遅くにどうしようとなると困ってですね。

あちこち門を叩いて、やっとこちらに電話が通じたんだけど、彼女は『わたしはバイクだし、仕事があるから・・・』と、行ってしまって。

こりゃ、困ったなと思いながら連れて来ましたよ。」

と、青年が笑いながら言う。

「ハハハ・・・そうです。若い女の子にはよく、『えっ!そんな!』って肩透かしをくらうんですよ。男は泣きをみるんです。
でも、よく骨折の犬を助けましたね。普通は咬まれるんですよ、怪我はないですか?」

「あ、僕は大丈夫だけど、女の子は、だいぶ咬まれていましたよ。結構ひどい怪我してたみたいだった。」

「そうでしょ、可哀想に・・・。さて、この犬はどうしましょう。」

「どうしたらいいですかね。」

「とりあえずお預かりして、内臓の損傷がないか、様子を見ましょうか。飼い主さんが捜していたら、すぐ連絡がつくかもしれないし。」

「はい、お願いします。明日また、電話します。ただ、僕、明後日から、実は新婚旅行に出る予定なんです。」

青年は、いかにも申し訳なさそうに言う。
私もニヤリとして、

「おー、それはおめでとうございます!いいなあ、幸せですね!」

「はい、へへへ・・・」

「どこへ、行く予定です?」

(大きなお世話だろうが、青年があまりにも屈託なく、爽やかなので、つい余計な事まで聞いてしまった。)

「はい、北海道です。」

「あー、北海道か、今頃はいいんだそうですよねえ。そうか、じゃあ、楽しい旅行をしてくださいね。ところで、犬はもし飼主が見つからなかったら、どうしますか?最悪の時は管理センターへ行ってもいいですか?」

「あ、僕が責任をもってひきとります。えっ?嫁さんですか?大丈夫です。彼女も賛成すると思います。へへ、良い彼女なんですよ・・・」

「そうですか、それじゃあ、またお電話下さい。」

幸せな青年は、爽やかに帰っていった。

そして翌日、約束どおり青年から電話がかかった。

「あの、昨日の犬は元気ですか?ああ、それなら良かった。ありがとうございます。・・・それから、飼主が見つからなかった時の事ですが、やっぱり引き取りはうちは無理みたいで。嫁さんに反対されて・・・」

「ハハハ・・・、いいんですよ、そんなこと気にしなくて良いですよ。こっちでなんとかしますから。それより楽しい旅行をしてきてくださいね。」

「あ、はい。ありがとうございます。じゃあ。」

ホッとしたような青年の声。

新婚旅行の前から、青年にはさっそく奥さんの圧力が発揮されたようです。そんなこともあるだろうと、最初からあまり当てにしていませんでした。
結婚生活ではこちらが先輩です。

それにしても青年よ、まだまだ圧力は強くなっていくからね。
ぐんぐん発達して、3年もすると
非常に大型で、猛烈な台風に成長するかもしれないから、頑張ってね!
トップへ戻る
nice!(0) 

奥様が残してくれた絆

「これが病気をしたのは、初めてですな。これまで病気したことなかったもん。」

マルチーズのコロちゃんを連れてムッシュSがおいでになった時です。
検査と点滴が終わり、待合室のカウンターで会計をされながら、ムッシュがそう言われました。

「そうですね・・・えーと、5年前ですが、一度下痢で検査をしたことはありますけど・・・。」

私がカルテをめくりながらそう言うと、

「五年前?・・・それは家内が居った頃でしょう。私じゃないですね。」

たしかにその通りです。以前はマダムがよくコロちゃんを連れておいでになりました。

「もともと私が腰椎の手術をして歩けなかった時、家内が福岡ドームであったペットフェスティバルでこれを買ってきたんですよ。

私が犬と一緒に散歩して、リハビリ出来るようにってね。あの頃はよくこれを連れて、室見川の河畔で歩く練習をしました。」

「・・・・・・」

「ハハハ、今は、大きな家に一人で住んでますよ。」

「ムッシュ、さみしいですよね・・・」

「ハハハ、さみしいですな、でもこれがいるからいいですけどね。」

奥様が病気で先立たれ、もう四年くらいでしょうか・・・。思いもよらず、コロちゃんと二人暮らしになってしまったムッシュです。

「コロちゃんに早く元気になってもらわないと。」

「はい、じゃ、また土曜日に、ハハハハ・・・」

ムッシュは笑いながら、小さな歩幅でゆっくりゆっくり歩き、不自由な右足をかばいながら帰って行かれます。

コロちゃんは、ムッシュの先を歩きながらも常に振り返って御主人の顔を見上げては、嬉しそうに尾を振っています。
トップへ戻る
nice!(0) 

小説と同じような話題

「14歳の老犬なのですが、寝たきりになり、褥瘡ができてしまったのです。どうしたらいいかと思いまして・・・」

梅雨の雨足が弱まったある日の午後、ムッシュKご夫妻がおいでになりました。

「オシッコで体が随分汚れているので、まだ向こうに置いています。」

そう言われたムッシュの視線の先に目を向けると、外の玄関脇にビニールが敷かれ、茶色の犬が横たわっています。臭いを気にして入れるのを遠慮されたようです。

「どうぞ連れておいで下さい。」

クッション材のビニールシートに寝かされて、中型犬が診察室に運び込まれました。

以前は体重は26kgほどあったそうですが、今は18kgほどになり、三日ほど前からいよいよ立てなくなりました。そのため体中オシッコで濡れています。4時間おきに寝返りをうたせたにもかかわらず、褥瘡はすぐにできてしまったようです。

人も犬も老後は大変です。寝たきりになると、それはまた生涯で特別の時期です。

私はいつもの通り、褥瘡の管理、夜鳴きの対策、認知症の犬の行動などを話します。その後、御夫妻に一緒に手伝ってもらってカメ子とマル子がシャンプーをしました。

終わったあと、カメ子が嬉しそうに報告します。

「そしたらですね、先生、ワンちゃんの体を洗いながらご主人がいろいろ話してくださったんですよ。」

「ふーん・・・」

「『この犬も臭いですが、腐乱水死体はもっと臭いですよ』なんておっしゃるんです。私、一瞬えっ!と思ったんです。この方、監察医かなと。」

「ふんふん」

「それで、『お仕事で司法解剖とかされているんですか?』と聞いたら、『いやそうではないけど、立ち会う事が多いんです。』と、言われてよくわからなかったんですが。」

「うーん」

「腐乱死体は、特に女性の方が体脂肪が多くて、腐敗すると臭くなるとかおっしゃいました。わたしも、時々検視官の小説を読んでいるから、頭の中でそんな事件がぱっと駆け巡りました。」

カメ子は小説の中から飛び出してきたような話題に触れて、目を輝かせている。

「へえ、タンパク質が腐敗するより、脂肪が腐敗する方が臭いのかなあ?・・・」

「よくわかりませんが、そう言われてましたよ。うちにはだいぶ昔に来られたそうです。今回は久し振りみたいです。
転勤が多いようですが、『また福岡に戻れるとは思わなかったねえ』と、ご夫妻で話しておられました。転勤先へも犬をいつも連れて行かれた様子でした。」

「へーえ」

きっと、丁寧で細かい事もきちんとされる方なのだろう。うちにはカルテさえないのに、ムッシュは診察券をちゃんと保存しておられたようですから。
それに、転勤先に、いちいち犬を連れて行くのは大変な努力がいるのは、よく承知しています。それを、ずっとされてこられたのでしょう。

さて、ワンちゃんは奇麗に洗いあがりました。良い香りに包まれ、数日間だけかもしれませんが、世話が楽になるでしょう。

最後まで、ご夫妻らしい温かい世話をされることでしょう。
スタッフ達もそんな事を感じ取ったのか、今日は尿まみれの犬の体を洗ったあと、随分嬉しそうにしていました。
トップへ戻る
nice!(0) 

しばらくアイスを

梅雨前線がかかり、南九州で大雨が続いていると報じられている頃でした。
午後のお茶の時間、ふと隣を見ると猫娘の伸びてきません。

「どうした? お菓子食べないのか?」

「はい、今日はちょっと。」

ややうつむいて、ちょっぴり元気もありません。

「あら、具合わるいの?」と、カメ子が顔色をのぞく。

「あっ、わかったダイエットだな。どうせ昨日食べ過ぎたんだろう?アイスクリームを2,3個食ったろう?」

「違います。私、もう随分アイスクリームを食べてないんです。」

猫娘がきっぱり言う。むきになるところを見ると、やっぱりダイエットだったか・・・。

「そんなはずはないだろう。アイスクリーム協会会員の君が食べないはずがない。」

「本当です。しばらく食べてないんですもん。」

むくれたように、猫娘が言い返す。

「ハハハ、じゃあ、最後に食べたのはいつか言ってごらん。君の『しばらく』ってのは、あてにならないからな。」

「えーと、・・・えーと、・・・そうです! 最後に食べたのは金曜日だったから、もう三日も食べていません!」

「ほーらね、そんな事だろうと思った。あのね、三日前に食べているのに、『しばらく食べていません』とは言わないんだよ、ふつうはね。」

「え、そうですか? そんなことないですよぉ。」

「じゃあ、タバコを止めた人が、三日吸わなかったら『しばらく吸っていません』と言う?」

「そ、それは、タバコはそう言いませんが・・・でも、アイスクリームは別ですよ。」

彼女の信ずるところによれば、どうやらアイスクリームは二晩食べなかったら努力賞ものらしい。おそらく三日食べなければ禁断症状が出るのだろう。

まあいい。
アイスくらいで彼女が幸せなら、それでいいのです。
トップへ戻る
nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。