So-net無料ブログ作成
検索選択

聖ノア通信 - 当病院の日々の出来事、ペットにまつわる色々な話をつづります -

盲導犬クイールを育てた訓練士

病院猫の畏咲(いさく)です。今日もちょっと暑くて、もうしばらく残暑が続きそうですね。
おいらもケージの中で、毎日だらだらしています。

ところで最近、院長が忙しそうです。
何が忙しいかって、実は来月の9月25日(日)に「盲導犬クイール」を育てた訓練士さんをお招きして、講演会があるので、その準備をしてるみたい。

「クイール」って、聞いた事ありますか?何年か前に、映画化もされたそうですけど。

多和田さんって名前の訓練士さんで、今は日本盲導犬協会のほかに国際盲導犬協会の重責も担っておられるそうですが、詳しい事はおいらにはわかりません。

ただ、院長の昔からの知り合いだそうです。忙しい中、今回横浜から来てくれることになったみたい。

院長の話しによれば、その多和田さんは昔、まだ盲導犬が珍しかった時代に、つまり40年近く前ですが、6畳と3畳の二部屋のアパートに犬と暮らしながら試行錯誤をしたそうです。

先輩のやり方を見て覚える時代でした。「盲導犬は訓練するんだ、しこむんだ、教え込むんだ」という概念が強かったそうです。

(なんだか、これは違う。もっと犬が喜んで生き生き動く何かがあるはずだ。・・・使用者は、最初の盲導犬がリタイヤしたら、どうして二匹目を申し込まないんだろう。もう、二匹目はいらないと思う何か理由があるからじゃないだろうか。使用者の立場に立って、盲導犬を考え直さなければいけないはずだ・・・)

答えの分からない何かを求めて大変な苦労を重ねながら、しかし転機はイギリスの盲導犬協会で、重鎮デリク・フリーマン氏に出合った時に訪れたそうです。

え? 何があったかってですか?
それは何百頭もいる犬舎から、デリク氏秘蔵の犬を知らないですっと選び出したことから始まるんですって。

人生で出会いは大切ですね。人間の生き方は、結局、何か衝撃的な感銘を受けたり、グサリと深く教えられたり、あるいは強い憧れを抱く人に出会ったりして、しっかり方向づけられていきますからね。

そうです。出会いは大切ですよ!!

さて院長は、そんな出会いを願って、今回の講演会の手伝いをしているそうです。

講演題は「視覚障害者と教会」

ただし会場は、院長が普段迷惑かけている西区橋本にある「野方キリスト教会」というところになるそうです。
当動物病院ではありませんので、お間違えなく。


興味のある方は、092−811−7944のそちらへ電話してください。

あの、当院の猫看護主任、畏咲もお忘れなく!!
トップへ戻る
nice!(0) 

琴がわかる犬

「こんにちわ、おひさしぶりです。ワクチンとフィラリアと耳掃除とお尻の手入れと、歯石の相談をお願いします。」

黒光りする綺麗なプードルのアンカちゃんを連れて、マダムMがお出でになりました。
カルテを見ると、一年ぶりです。

「おや、お久し振りです。元気にしてましたか?フィラリアもまだだったんですね、それでは検査から・・・」

体調を崩されて外出が減り、なかなか犬連れで出て来れなかったようです。
でもクリクリした目で元気そうなアンカちゃんの足から採血をし、ワクチンも接種しました。

一通りの処置が終わった頃、マダムが言われます。

「主人は今、駐車場でオカリナを吹きながら待っているんですよ、自分で焼いたオカリナで。」

「へえ、オカリナですか?」

「フフ・・もともと尺八を教えているんですが、ギターも少し弾きます。」

「尺八は音を出すのが難しいんですよね。それではマダムも琴を弾かれるとか?」

「はい、主人を手伝いながら、時々弾いています。それがですね、私が琴を弾いていて間違うとですね、この子がピッと足を上げるんです。」

「はっ? 琴を間違えると、アンカちゃんが足を上げる?」

「はい、曲を覚えてるんでしょうね。私が間違えると、後ろ足をピッと上げるんです。」

「えええー! 音程が分かるんですかね。しかも旋律を覚えてるんですか?」

「はい、間違えるとそのところで、足をピッとあげますから、フフフ・・・。」

本当でしょうか?すごい音楽的才能です。犬にそこまで能力があるとは・・・! マダムのお話しを聞いてびっくりしました。

明日、うちのスタッフ達への訓示の時、さっそくこの話をしましょう。

「君達、犬でさえ、日常聞いてる、琴の間違いがわかるんだぞ。
 それなのになんだ、君たちは昨日、正面玄関の鍵をかけないまま、帰宅していただろう!!」
トップへ戻る
nice!(0) 

空気穴

「カメ子のゴーヤの話ですか?」

モニターに向かっている私に、マル子が聞いてきた。

「フフ・・・うちのゴーヤも生るには生っているんですが、なんだかいまいちなんですよ。」

「育ちが悪いの?」

「はい、それが、ツル自体が細いんですよ。根元の茎がどうも細いんです。

それがですね、お向かいの奥さんが色んな供物を育てるのが上手なんです。それでたまたまお会いした時ですね、
『私の植えたゴーヤ、ツルが細いんですよね。』と、言ったら、
『うーん、それはきっと、空気穴を開けんといかんよ。』と、言われたんです。

『えっ? 空気穴・・・ですか?』

『そう、空気穴よ。鉢に植えていると、雨が何度も降るうちに、だんだん土が固く締まって酸素が通りにくくなるのよ。
だから、根の周りを棒で突き刺して、通気穴をあけてやるのよ。』

『ふーん、棒を刺すんですか?』

『そう、周囲を何ヵ所か刺して回ってごらん。
あのさ、あなたゴルフ場の柴知ってるでしょ。ゴルフをする人はスパイクのついた靴を履いているけど、あれはただの滑り止めじゃないのよ。

あのスパイクで芝の上を歩く時に、柴に穴を開けながら歩く意味もあるのよ。柴が元気になるようにね。』

『えー、そうなんですか!』

そんなこと教えてもらって、私、すぐゴーヤの根の周りを、突き刺してまわったんですが、そしたらすぐたくさん新しい花が開いたような気がするのは、たまたまなのか、効果が出たのか・・・・、そんなことがあったんです。」

「へー、空気穴ねえ・・・」

私もそんな事は全然知らなかったが、さすが専門家は違うものだと、感心しました。

根っこに外気を通してあげるのは、外の世界に触れさせる為に「可愛い子には旅をさせろ」に通じるのでしょうか?

なるほど若い命は、根腐れしないよう配慮し、そして水も肥料も過ぎたるは及ばざるが如しですね。
トップへ戻る
nice!(0) 

オレンジ色のゴーヤ

「先生、ゴーヤが出来たので食べてください。」

カメ子が帰った後、一枚の書き置きと、小さな包みが置かれていた。

(おお、ついにゴーヤが育ったのかな?)

開けてみると、驚くほど鮮やかなオレンジ色に染まった、ぷくぷくしたゴーヤが一本入っている。

(むむむ、こんな色のゴーヤ、見たことないぞ。ゴーヤは緑に決っていると思っていた。そういえばキューリも熟れると黄色くなるけど、どうやらこいつも完熟したというわけかな?)

触るとぷくぷく、ぶよんぶよんして、何だか気色が悪い。
しかし、色はきれいだ。熱帯フルーツのように、きれいだ。

生まれて初めてカメ子が育てた、彼女にとってとても意義深い大切なゴーヤ。

果たして何本生ったかわからないが、ベランダ栽培だから、貴重な一本に違いない。その大切な一本を、私にくれるとは、かたじけないことだ。

「カメ子からゴーヤをもらったよ、作ったんだって。さっそく料理しておいて。きっとカメ子は、『どうでしたか?美味しかったですか?』って聞くに決ってるから。感想を言うまで、聞かれるから、食べてみよう。」

私は妻に、調理を頼んだ。

夜出てきたそれは、予想を上回って柔らかくて、口に入れると溶けるように思われた。

(うーん、これは柔らかい。ゴーヤを食べてる気がしない。でも、確かに苦味があるぞ。)

私は、カメ子の夏の汗の結晶、労働の実りを、味わわせてもらった。

翌日、さっそくカメ子が聞いてきた。

「先生、どうでした、ゴーヤ!」

「うん、すごいきれいな黄色だね、それにぷわぷわして柔らかかったね、びっくりしたよ。」

「そうでしょ、すごいオレンジ色だったでしょ。」

「うん、カメ子みたいにきれいなゴーヤだったよ。線維がほとんどない感触で。」

「・・・・・、あの、それで、どうやって調理したんですか?」

「え? 調理? はて、どういう料理かな? 油で炒めたのと違うかな・・・?」

「何と混ぜました?」

「うーん、何が混ざってたかな? うーん、思い出せない。」

「・・・もう、いいです。後で、奥さんに聞いてみます。」


果たして私の感想は、カメ子の期待に応えられたのであろうか?
トップへ戻る
nice!(0) 

あわてんぼう

「さあ、今日は夏休みの三日目、預かりのワンちゃん、猫ちゃんたちは元気かしら?」

世間ではいわゆるお盆休みの最中でした。当院でも三日間のお休みをさせていただきました。
とは言え、旅行に出かけたりする飼主さんのために、ペットの預かりはしているので、休み中でも当番でスタッフが交代で出てきます。

その日はカメ子の当番でした。

「ルンルンルン・・・」

カメ子はまず犬舎に行って掃除をし、一頭一頭散歩に出し、フードを準備します。
コザクラインコの水も換えました。

「さあ、次は猫だわ。ルンルンルン・・・」

鼻歌を歌いながらカメ子が猫舎に入ります。

「おはよう?チビさん、ご機嫌どう?」

4ヶ月くらいの可愛い盛りの小さな三毛猫の子供が、ケージの中の籠から顔を出しました。

「ミャーッ!」

「チビさん、元気そうね!」

カメ子がそう言って子猫を抱こうと手を伸ばしたときでした。カメ子の背中をスーッと、寒気が走りました。

「キャッ! 子猫の手が折れてる!」

なんと子猫の右手が、カクンと内側に折れ曲がっているのです。

「エー! 大変!どうしよう!」

子猫は元気にミャーミャー鳴きながら、なついてすりすりしてくるのですが、前足がくるんと曲がっています。

休みの日なので、院長は外出中です。

「どうしよう、どうしよう・・・」

思い余って、カメ子はマル子に電話をしました。

「マル子さん、大変!子猫の足が折れてるかもしれない。曲がってるの。」

「フフフ、なんだ、そんなこと。その子猫は生まれつき足が曲がってるの。少なくとも飼主さんが保護した時から曲がっていたの。

だから、心配しなくていいわよ。」

以前子猫が来た時に、ちょうどカメ子が休みか何かでいなかったので、彼女だけ事前に知らないままになったようです。

「え! ・・・そうか、そう言えば、子猫はちっとも痛がらないし、元気で前足を使っているわね。・・・腫れてもないし、ハハハ・・・よく見れば折れてないってわかるわね。

まったく私としたことが早とちりだったわ。」

カメ子は改めて子猫の所に行き、声をかけながら撫でてあげました。

「ミャーン ミャーン、」

三本の足でピョンコ、ピョンコ嬉しそうに跳ねながら、子猫はカメ子に「遊んでよ」と、まとわり付くのでした。
トップへ戻る
nice!(0) 

カレンダーのハートマーク

「ワクチンをお願いします!」

夏のギラギラした太陽が輝くお昼頃でした。可愛い柴犬のジャンプちゃんを連れて、マダムIがおいでになりました。
ジャンプちゃんは5歳の元気な女の子です。

「ジャンプちゃん、今日は食欲はありますか?」

「はい、あります。ただ、夏になると少し低下します。でも、それは毎年のことですから、心配はしていません。」

マダムはそう言いながら、ジャンプちゃんの頭を撫でています。

聴診をすませ、ワクチンを接種します。

「はい、おりこうさんだね。終わったよ。」

「あの先生、フィラリアの薬も、三か月分下さい。それから、すみません、赤いハート型のシールをまた、いただけますか?」

「シール? はい、よろしいですよ。投薬を忘れないように、カレンダーに貼っておいてくださいね。」

「ええ、張ってるんです。そしたらフフ・・・、主人が『これは何の日の印だ?』って聞くんですよ。

それで『あなた、これはジャンプちゃんの薬を飲む日だって、前に言ったでしょ。』って教えると、『ああ、そうだったかな。』って。

もう、毎回聞くんですよ、フフフ・・・」

「ハハハ・・・、マダム、そりゃあ、ご主人は気になるんですよ。今月のカレンダーのある日に真っ赤なハートの印がついていたら、

(おっ!何の日だろう?何かあるのかな?)

って、ご主人は気をもんじゃうんですよ。
だからマダム、ご主人の日も決めて、ピンクのハートか何か貼ってあげてたらどうですか?」

「そうですね、フフ・・・、そうします。」

ピョンピョン飛び跳ねるジャンプちゃんを連れて、マダムはクスクス笑いながら帰って行かれました。

さあ、マダムの家のカレンダーに、今ごろご主人のためのハートマークは貼られているかしら・・・。
トップへ戻る
nice!(0) 

新しいメガネ

「タマエ、メガネが少しずり落ちてくるね、フレームが甘くなったのかな?」

フレームが緩んだからか、それとも鼻が低いからかはわからないが、タマエのピンクの可愛いメガネがちょっとずり下がってくるようだった。

「そうなんですよ、最近すべるんです。もうだいぶ、つかっているからですね。

 それでこの前天神に行った時、あるビルが閉店セールしてたんですが、その時3000円だと聞いて、すごく安かったんで思い切って新しいメガネを注文しました。その時、お店にはたくさん人が来ていて、店員さんは忙しそうでした。」

そんな話をしているところへ、マル子もちょうどメガネを作っているらしく、口をはさむ。

「ヘヘヘ、私も最近、原の店で、メガネを作りましたよ、昔と違って今は随分安くなりましたからね。」

「へー、マル子も作ったの?どうして?近視の度が進んだの?」

「いえ、古くなったからです。検査したら『レンズの度は、同じで良いですよ。』と、お店の人に言われました。」

「え、同じ度で、メガネを作るの!?」

(そうか・・・、女の人は、「古くなった」という理由で新しいメガネを作るのか。うーむ、男は、使える限りは同じのでたいがいすませちゃうからね。何年も古いのをかけるから、そういう視点はなかったなあ・・・)

人生はたえず発見です。メガネを買い換える理由が、男と女は違うのでした。

それから数日して、タマエが透明感のある新しいメガネで、颯爽と出勤してきました。

「やや、新しいメガネだね。ステキだ、似合ってるよ。」

一応褒めてあげないといけないのは、私も心得ている。

「そうですか、フフフ・・・」

そう言われて、嬉しそうに笑う。
いや、実際ピンクもよく似合ったが、新しいメガネもあか抜けしている。

午後のこと、タマエがカルテを持ってきて、私に聞いた。

「先生、この患者さんから、お薬の依頼がありました。準備していていいですか?」

「どれどれ、・・・ああ、うん、お願いします。」

カルテから目を離して、ふとタマエを見ると、彼女は何だか自信に満ちた顔をしていた。
トップへ戻る
nice!(0) 

裏庭の枯れ枝

病院の裏庭に樹高3mほどの紅葉が一本植わっている。そしてその横に、ブロンズ色に古ぼけた、安いガーデンテーブルセットがひっそり置かれている。

座ると汚れが衣服につきそうなので、もう誰も座らないテーブルセットである。

ところが数週間前から、そのテーブルの上に枯れ枝が三本ほど置かれ、そのうちの一本には切り口の所に紐で木片が十字型に括りつけられている。

預かり犬などを裏庭に散歩に連れ出すたびに、みんなその不思議な枯れ枝をチラと眺めていた。

ところがいつまでたってもその枝がテーブルの上に横たえられているのである。

「先生、この枯れた枝は、何ですか?」

気になっていたのだろう。土曜日の夕方、仕事を終えてみんなで裏口から出る時に、テーブルの上を指してカメ子が聞いた。

「うん、僕も何だろうかと思ってるんだけど。」

「ずっと前からありますよね。」と、マル子。

「何でしょうかね。」と、タマエ。

「これはきっと、奥さんの呪いですよ。奥さんが先生に、魔術をかけてるんです。」

カメ子が怖いことを言う。

なるほど、三本の枯れ枝が、いかにも整然と南北に向けて置かれている。

「えっ!? 呪いかい?・・・、ど、どんなおまじないかな・・」

「うーん、先生を懲らしめようとしているか、それとも先生がもっと家のことを手伝うようにということかも・・・・」

「・・・・・・・」

カメ子はいつもぎくりとするような事を、ずけずけ言う。

私は、いつも妻が雀たちにパンくずなどを与えているので、そのために彼女が何かを作ろうとしているのかと、想像していたが、スタッフ達は数日かけて、どうやら別の想像をしているようだ。

気になったので、自宅に帰った後、庭の枝に果たして呪いがかかっているかどうか、妻に聞いてみる。

「ねえ、裏庭のテーブルの上に、だいぶ前から枯れ枝が置いてあるけど、あれは何なの?」

「えっ、枯れ枝? ・・・ああ、あれはゴミで出そうと思って置いているけど、いつも忘れてしまって、まだ出してないのよ。」

妻はさらりと言って、夕飯の支度から手を離さない。

「ふーん、捨てようと思って忘れてる・・ね・・・・」

それからしばらくたつが、まだ枯れ枝は、そこにある。

果たして、真実は明らかになったのか!?
トップへ戻る
nice!(0) 

久し振り

先日久し振りに、猫娘が顔を見せてくれた。
彼女は昨年秋に退職して、美味しい物づくりの新しい道を歩み始めている。

「やあ、久し振り。元気そうだね。」

「はい、先生も。あの、今日は甚五郎の耳を診てもらいに来ました。」

そう言って愛犬のシーズーを診察台に上げた。

「どれどれ、うん、ちょっとだけ赤いかな?まあ、それほどひどくなってないけど・・・。」

耳を掃除しながら、ちらりと猫娘の顔を覗く。
彼女も懐かしそうに診察室を眺めている。

「先生、猫娘から、ケーキを焼いたとかで、頂きましたよ。」

カメ子の報告を聞き、猫娘に御礼を言う。

「あれ、それはありがとう。まあ、真面目にやってるみたいだから、安心したぞ。」

「えー、そんなに心配されなくても、わたしぐらい真面目な人は少ないんですから。」

「ハハハ、またおいでよ、いつでもおいで。」

さて、お茶の時間、猫娘が帰ってからみんなでケーキを頂く事にした。

「どれどれ、おお、まともな焼け方をしてるな。でも、何だろう?パンかな?」

「先生、これはフルーツケーキじゃないでしょうか。」

「うん、そうか、フルーツケーキか。」

「何か、入ってますね。」

と、マル子。

「うん、この赤茶色の皮みたいなのは、何かな?」

「何でしょうね・・・」

みんなしばらく黙って味わいながら、食べる。

「うん、あまり甘くないから、これは食べやすい。僕でももう一切れ食べられそうだ。これはさつま芋かな?」

「ええ、お芋でしょうかね・・・」

「おいっしいですね。」

グルメのタマエも味わいながら食べていた。

見かけはフルーツケーキっぽかったが、小さくサイコロにきったさつま芋が入った、美味しいケーキだった。

「今日は、ケーキをありがとう。お芋のケーキも珍しいね。美味しかったよ。」

後で御礼のメールを送ると、返事が返ってきた。

「久し振りのノアはすごく懐かしくて、やっぱりいいなあと、思ってしまいました。
私の心配するとこ、おかしいです。真面目にしか生きれないんですよー。

それとケーキの感想ありがとうございます。でも、アレ・・・栗です・・・。」
--------
トップへ戻る
nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。