So-net無料ブログ作成
検索選択

聖ノア通信 - 当病院の日々の出来事、ペットにまつわる色々な話をつづります -

歯が危ない!

病院猫の畏咲(いさく)です。

歯って、大事ですよね。歯は健康の入り口ですもんね。
皆さんのペットは、歯石がたまったり、歯が揺れたりしていませんか?

先日のことです。

マダムYは歯が沁みるので、歯医者に行ったそうです。

「どこがいいかしら?」

「あのね、私は昔から、別府のどこそこに決めてるのよ。」

知り合いに勧められて、ちょっと遠いけど、行ってみたそうです。

診察室に入ってからでした。

「うーん、マダム。これはひどい。これは大変だ。もう私の手には負えない。マダム、磨きすぎですよ! 歯の磨きすぎ!

歯ぐきが擦られて、傷んで、痩せ細っています。こんなになるまで磨いたらいけません。

ほら、ここが見えますか? 歯根が浮き出ているでしょ、本当はこの辺りが、歯ぐきになるはずなんだけど・・・。

うーん、これはちょっとねえ・・・。
マダム、あなた、歯科大に行った方がいいよ。」

そのマダムは「おおごとだ、大変だ、手遅れだ」と、散々聞かされて、可哀想に会計の時は、涙ぐんでいました。

「本日の会計は、七百九十円になります。」

「はい・・・、千円からお願いします。」

「お大事に・・・」

背中を小刻みに震わせながら出て行くマダムを見て、受付の若い女の子は、先生を呼んで何か耳打ちをしたのです。

「先生、先生、今の患者さん真っ青になって泣いていましたが、大丈夫ですか?あんなに言われて、絶望しているんじゃ・・・」

マダムが駐車場に降りた時に、慌てて先生が追いかけてきたそうです。

「マダム、マダム、ちょっとお待ちなさい。大丈夫ですよ。そんなに泣かなくていいから。
歯が全部抜け落ちたりしないから。治療を受ければいいんだから。

さあ、そんなに、泣かないで。」

先生は一生懸命、元気づけたそうです。

「はい、ううう・・・、はい・・」

どんな仕事も、大変ですね。
言い過ぎれば、悲観的になられるし、ちゃんと言わなければ、本気で治療しないかもしれないし。

なお、後日談ですが、そのマダムは意を決して出かけた大学病院では、診察の後、磨き方の指導を受けて歯磨きだけもらって帰されたそうです。

「こんなのでいいの? あれだけ脅されたのは、何だったの?」

と、マダムは憤慨していましたから、どうやら元気が出てきたようです。

めでたし、めでたし。
トップへ戻る
nice!(0) 

カレーパン

「昨日ですね、私、久し振りに木の葉モールに行ったんですけどね。」

お茶の時間です。カメ子が嬉しそうに休日の話しをしてくれました。

「あ、本当はその近くのホームセンターに、病院用のプリンターがないか、見に行ったんです。

でもあまりなくて、その代わりお買い得のジャージーをゲットしました。へっへ・・・、四百円でした。

それから、モールに寄ったんですよ。あそこに美味しいパン屋が入っているんで、わたしカレーパンを買って、それから椅子に座って食べてたんです。」

「ふんふん・・・」

いかにもそれから何か起こりそうな話し振りなので、私もマル子も引き込まれて、カメ子の顔をじっと見つめて耳をそばだてた。

「前から食べたかったカレーパンだから、ビニールを破って、かじりついたんです。

そうしたら、小さな男の子を二人連れた若いお父さんが右隣に座ったんですよ。

ところが子供がグルグル動き回って、横に置いたわたしの荷物を椅子から落としそうになるので、お父さんが気にされてたみたいなんですよ。

それでわたし、自分の右側の荷物を左によいしょっと、移したんです。

そしたらその瞬間、手に持っていたカレーパンがポロリと床に落ちちゃったんです。

160円したんですが、まだ60円ぶんくらいしか食べてなかったのに、ぽろって・・・。」

「ハハハ、楽しみの瞬間が零れ落ちたね。三秒以内に拾って食べればよかったかも・・・」

「いえ、それが、わたしがかじってたそのかじりくちのところを下にして、ステンと落ちたから・・・」

「ハハハ、そうか、だめか・・・」

「はい、拾ったカレーパンをしばらく見つめていました。」

こうしてカメ子の日曜日は、暮れていったのでした。
トップへ戻る
nice!(0) 

高級タルトケーキ

病院猫の畏咲です。

ある日の昼休み、看護士スタッフたちが集まって高級お菓子のカラーカタログを見ながら、ペチャペチャおしゃべりするが聞こえました。

「ねえねえ、これ、美味しそうね!」

「わー、フルーツが山盛り、すごい!」

「ふんふん、東京スカイツリータウンの中にも、店舗を出してるんだって!」

気になって、おいらもカタログを覗き込むと、びっくり!

小さなショートタルトケーキが一個6百円から9百円くらいのものから始まって、千六百円、千九百円の物までごろごろ。よだれが出そうなほど瑞々しいケーキの写真が30種類もパレードです。

三人は額を寄せ合って、写真を覗きこみ、もし自分が買うとしたらどれにするか、真剣に悩んでいます。

でも、無駄なことです。
こんな高いタルトケーキ、こいつらが、買うはずがないのです。

お金が足ると?と、言いたいくらいですが、あっ、ごめんなさい、皆さん、聞かなかったことにしてくださいね。

それにしても、いつまでも未練がましくフルーツタルトのカラフルな写真をしげしげと見つめています。

「私なら、これがいいかな?」

「うーん、どれかなあ、選ぶの難しいわ・・・、どれかなあ・・・」

「ねえねえ、これって、イチゴもキウイもブドウも桃もすずなりだから、ナイフが入れられないわね、分けるのに苦労しそう。」

「先生なら、どれがいいかな?」

「先生は、タルトの縁(ふち)だけでいいのよ、焼けた枠だけあてがえばいいわよ。」

「えー、縁だけ!?」

「そう、縁だけ。」

カメ子はピシャリと断じます。

「さあ、そろそろ仕事しましょうか。」

「そうね、仕事、仕事!」

かくして、スタッフ達がつかの間の夢を見る、昼休みのささやかな時間は終了したのでした。
トップへ戻る
nice!(0) 

まだかなあ?と、待ちながら

「この猫はホテルで預かったの?」

「はい、飼主さんの身内の方が亡くなられたとかで、急に出かけないといけなくなったからと、連れて来られました。」

「ふーん」

小さな可愛い三毛猫です。籠の中にうずくまって伏せています。

「チーちゃん、チーちゃん」

しかし近寄って名前を呼ぶと、耳を後ろに倒して「フーッ!」と怒ります。

「おやおや、ご機嫌斜めだね。チーちゃん、大丈夫だよ。」

しかし次の日も、その次の日も、そばにしゃがみこんで名前を呼ぶと、やっぱり怒りました。

「そばに来るな! 引っ掻くぞ!」

そう言っています。
でもフードだけは、夜中に少しづつ食べてくれていました。

「チーちゃん、なかなか気を許してくれないなあ。あんまり緊張してると、くたびれるよ。」

話しかけても、知らん顔です。
相変わらず籠にうずくまって伏せています。時々籠から出てきても、じっとこちらを睨みつけます。

そして三日目になりました。

「チーちゃん、だいぶ慣れたかい?」

ちょうどその日も私がチーちゃんに話しかけているときです。やっぱりチーちゃんは耳を倒し、わたしを睨んでいました。

「遅くなりました。チーを迎えに来ました。」

一台の車が駐車場に入ると、マダムUが喪服を着たままお出でになりました。

「お世話になりました。チーちゃん、お迎えに来たよ、元気!?チーちゃん!」

マダムの声が待合室に響くと、一瞬耳をそばだてたチーちゃんが、急に「ミャーン、ミャーン」と、子供のような優しい声で鳴いて立ち上がります。私はびっくりしました。

チーちゃんがそんな声を出すのは、初めてです。

「あら、チーちゃん、わかったのかな?マダムの声だと、一発で気がついたんだね。」

そうです。チーちゃんは途端にそわそわし始め、それまでうずくまっていた籠から出てきて、ケージの中をあっちにウロウロ、こっちにウロウロしては、優しくミャーンミャーンと鳴き、ドアに体をスリスリ摺り寄せるのです。

もうわたしへの警戒感など吹き飛んでいます。

「わあ、こんなに可愛い態度を示せるんだね、君は!」

マダムの声が聞こえた途端に、猫もこんなに変われるものかとびっくりです。

「まあ、チーちゃん、待たせたわね。さあ、帰ろうね。」

マダムが部屋に入ってくると、もうたまりません。右に左にくねくね体を躍らせて、興奮を現わします。マダムが抱き寄せると、ゴロゴロと喉を鳴らして嬉しそうです。

猫の心にも、こんなにはしゃぐ喜びがあるのでした。飼主さんとの再会、安心と開放感で、体が踊り出すチーちゃんの変化に改めて驚きました。

やっぱり飼主さんとの深い信頼にはかないません。
チーちゃんは、今か、今かと、お迎えを待ち続けていたんですね。
トップへ戻る
nice!(0) 

誕生日プレゼント

「昨日は私の誕生日だったのよ。」

しばらく具合の悪くて通院しているリキちゃんが、Bご夫妻に連れられてやってきました。

「そしたらね、久し振りにペロペロって、ミルクを飲んでくれたの。それから冷蔵庫まで私についてきて
『何か、ちょうだい!』って言うの。
もー、わたし、嬉しくなって。」

「へーえ、それは良かったですね。誕生日の嬉しいプレゼントですね。」

「フフフ・・・、大台になったからね。」

「え? 大台?」

「うん、体重がね。」

と、すかさず声を入れたのは、一緒に来られたムッシュです。

マダムは気にせず、尻尾を振ってるリキちゃんから顔中キスされて、嬉しそうです。
トップへ戻る
nice!(0) 

ハルちゃんの闘病

闘病というのは、人生の大きな出来事ですね。いや、それは動物だって同じです。

マダムIがマルチーズのハルちゃんを初めて連れて来られたのは、ハルちゃんが10歳の時でした。お腹に出来た皮膚炎がきっかけです。その時乳腺に腫瘍があったのですが、まだ小さかったので御主人の希望で切りませんでした。

それから半年ほどして、思いのほか腫瘍の成長が早かったため、これは切っておいた方がいいと決心がつき、卵巣と一緒に手術に臨んだのでした。

処置は予定通り行われ、悪性の細胞も見つかりましたが、良好な結果を得ることができました。

「良かった、良かった!」

ご夫妻もホッとして笑顔がこぼれます。

「さあ、帰ろうね!美味しい物が待ってるよ!」

ハルちゃんはまた孫娘のように可愛がられて幸せな日々を過ごしました。

それから一年半たった、暑い夏が巡ってきた頃です。今度はハルちゃんにリンパの病気が見つかりました。

(おかしいわね、お腹の調子が悪いのかしら。下痢をしたり、食欲が落ちたりするわね。)

マダムがお連れになったハルちゃんの下顎のリンパ節が両方、大きく腫れているのが見つかりました。

「まあ、・・・・」

以前、病院にお勤めだったマダムには、人間にとってもその病気が厄介なものであることはご存知でしたから、覚悟を決めて治療に取り組みました。

抗癌剤を使いながら、しばしば吐いたりしながらも、しばらくの間病気は確実に消退し、再び元気になります。半年間の治療に耐え、ハルちゃんの綺麗な白い毛は、一時院長の髪のように薄くなりましたが、またすぐに再生が期待されました。

それから二か月間、注射から解放されてハルちゃんは家庭犬の幸せを享受しました。

残念ながら再発はちょっと早めに訪れました。

「・・・まあ、やっぱり、そうですか・・・。この前は、頑張ったからねえ。きつかったけどね、やっと終わったと思ったのに・・・」

ご夫妻は相談の上、二度目の抗癌剤療法は選択しない道を選ばれました。

それからできるだけ対症療法をしていましたが、四月になってハルちゃんは桜が満開の頃、静かに亡くなりました。

青い空の下で春の陽射しを浴び、翌日マダムの腕に朝まで抱かれていたそうです。13歳半でした。
トップへ戻る
nice!(0) 

花見

病院猫の畏咲(いさく)です。

先週から暖かい風が吹き始めたと思ったら、福岡は急に桜が満開になりましたね。

例年なら二部咲きだ、五部咲きだと、開花の移ろいを楽しむのですが、今年はいきなり満開になっちゃったから、あとはいつまで咲いていてくれるかなと、気がかりでした。

というのも、カメ子が「花見はいつだ! 弁当はどこにする?」と、うるさくて仕方ないからです。

「先生、今年も花見に行きますよね? まさか、中止なんてことはありませんよね?」

と、院長にしつこく聞くので、

「ああ、もちろんだよ。桜が咲いたら、みんなで行こうね。」

と、院長は答えていました。そしたら、いきなり満開になったから大変です。

「早く、早く、仕事を休んで行きましょう!」

「何言ってるんだ、そうは行かないよ。」

そして某日のお昼休みでした。一時間余りの短い時間ですが、みんなでお弁当を持って、近所の湖畔公園に出かけたそうですよ。

花曇りというのでしょうか、少し霞んだ空模様でしたが、芝生広場のあちこちで古木が何本か、淡いピンクの花びらを両腕一杯に広げるようにして咲き誇っています。

カメ子もマル子もさっそく弁当を広げると、パクつきます。

「あー、美味しかった。ちょっと歩きましょうか?」

遊歩道が新設された、広い公園をぐるりと一回りしている時でした。

「何かスイーツも少しくらいもってくれば良かったね。」

「そうね、どこかで美味しいおやつは売ってないかしら?」

スタッフ達がそんな事を話していたときです。

突然カメ子が大きな声を上げて指さします。

「あっ、あそこに『癒しのメロン』と書いている!」

みんなが一斉にその方向を見ると、大きな看板がかかっていました。

「癒しのサロン、・・・マッサージ」

「てへへ・・・、 一瞬、メロンに読めたんだけど・・・。」

またみんな下を向いて、トボトボ歩き出しました。

春、爛漫です。
トップへ戻る
nice!(0) 

愛犬の帰還

「あのね、この前ね、知り合いのところの犬が四か月ぶりに帰ってきたんだって。」

愛犬チッチの診察を終えて帰る時、マダムがそんなことを教えてくれた。

「もともとね、飼主さんが入院することになったのよ。だけどその人一人暮らしなのでどうしようもないから、知り合いがその犬を預かったんだって。

でも、犬だっていきなりで、びくりしたんでしょうね。お家に帰りたいと思ったのかもしれないわ。数日した頃、とうとうその家をとび出しちゃったのよ。

急いで捜したけどもう見つからなくて、高齢の犬でねえ・・・心配して自宅にも見に行ったのよ、だけどいなくて・・・。

そのうち一か月くらいしてかなあ、飼主さんが退院してきたけど、犬はずっと戻ってこなかったのよ。

そしたらさあ、(どうしてるかなあ・・・)と思うのも段々忘れがちになる頃、ひょっこり元の家に帰ってきたんだって。

そんなこともあるんですねえ。フフフ・・・・」

そりゃあ、飼主さんは喜んだでしょうね。犬も喜んだでしょう。失踪して一か月たつと、もう見つかるのはなかなか厳しくなりますが、冬にいなくなった犬が春になって帰ってくるとはね。

「雪の夜 イブに破れたわが恋よ 桜が咲いても春なお遠し」

そんな歌を詠んでいるスタッフ達に、今日のいい話を教えてあげよう。
--------
トップへ戻る
nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。