So-net無料ブログ作成
検索選択

聖ノア通信 - 当病院の日々の出来事、ペットにまつわる色々な話をつづります -

図工準備室の秘密

それは今から18年ほど前のことでした。

福岡市を一望する油山から注がれる一本の小さな川があります。樋井川です。その川から坂道を登ったところにある小学校の正門のところを、一人の綺麗なマドモアゼルが通りかかりました。学校の先生です。

「あー、昨日の運動会は疲れたわ! でも、子供たちも頑張って、盛り上がって、楽しかったな・・・。

今日は代休だからゆっくり休めるわね。校庭に誰か来てるかな?・・・

あれ、門の前に紙袋が捨てられて、ゴミかしら? 嫌だわ! 昨日きれいに片付けたはずなのに・・・。えっ?袋が動いた!

まあ、何かしら? 何か入ってるみたい!」

彼女は恐る恐る近づくと、ごそごそ動く紙袋の中を覗いてみます。

「あらー、子猫だわ! 可哀そうに・・・、こんな袋に入れられて。」

それはまだ目も開いていない、生まれて間もない子猫でした。白にキジの混じった毛色です。

「わー、どうしようかしら。こんなにちっちゃくて、・・・でも、置いとくわけにはいかないし・・・。」

結局マドモアゼルは、家に連れて帰りました。そして、ミルクや哺乳瓶を買ってきて、せっせと世話をしてあげたのです。

授乳の必要な子猫を育てたことのある人は、その大変さがわかります。一日五度、おしっこをさせたり、排便させたり、ミルクを飲ませたり・・・

「明日は仕事が始まるのに、子猫どうしようかしら・・・朝から晩まで、家に置いとくわけにはいかないだろうな。」

結局彼女は、バスケットにくるんで、子猫を学校に連れて行きます。

(どこに置いとくかな?うーん、置いとけそうなとこ・・・)

考えた末、人の出入りが少ない図工準備室に置いておくことにしました。
(暇を見つけてミルクをやりに来よう。)

しかし、そううまくはいきません。子供たちの直感をあなどってはならないのです。

「先生、どこ行くと? 何持っとると? 何でここでうろうろしよると?」

「いいのいいの、あっちに行ってなさい。」

「あっ、何か怪しい。先生、絶対何か、隠しとるね!」

「何も、隠してません。」

「あっ、何か、猫の鳴き声せん? みんな、ほらほら、鳴きよらん?」

「ほんと、鳴きよる! 先生、ここで、猫飼いよると?」

「もー、困ったわね。あのね、昨日拾ったとよ。まだ小さかけん、ミルクやらんといかんけん、こそっとここに置いとると。」

「わー、見せて見せて、きゃー、可愛い! 先生、ちっちゃいね、これ、オス、メス?」

「まだ、よくわからん。あのね、これは秘密よ。ばれたら、ここに置いとけんごとなるけね。」

「うん、わかった。」

「絶対よ、もしばれたら、あんたたちが喋ったって、直ぐ分るんやからね。そしたら、もう、猫は置いとけんよ。」

「うん、絶対喋らん、おい、みんな、秘密やぞ! 」

「うん、秘密、秘密。先生と僕たちだけの秘密!」

とはいえ、他の猫好きの先生達がぞろぞろ図工準備室に出入りするようになったのは、多分マドモアゼル自身が同僚に喋ったからでしょう。

それから一か月ほどは、図工準備室の看板を掛け変えて、子猫授乳室になったかどうか・・・。

・・・・・・・

「ピン吉にはそんな思い出があるんですよ。」

元マドモアゼルは、この頃老衰で弱ったため、点滴に通って寝ているピン吉の顔を見つめつつ、今は遠い話しをしてくださいました。

そんないきさつを聞いた時、私もなんだか思ったのです。

担任の先生と、絶対秘密を持ちながらすごす、そんなワクワクする小学校時代、いいなって!
トップへ戻る
nice!(0)  トラックバック(0) 

三人の夢

「ワワワ、大変! こんな時間だわ! もう、完全に遅刻!
いやだ、私、どうして寝坊したんだろう。ねえ、お母さん、どうして起こしてくれなかったの!

(鏡の前に立って) 

ううう・・・、顔が腫れてる。でも、とにかくもうお化粧はする時間がない。ぐぐぐ、仕方ない、行ってきまーす。」

・・・・・

「というような夢を、今朝見たんですよ。もう必死で焦りまくりました。朝から、めちゃ疲れました。フフフ・・・」

夜も十時近くなり、病院を閉めて二人で帰る頃でした。マル子が立ち止り、今朝方見た夢の話を、してくれました。

(そうか、のんびりした奴かと思ってたが、一応、遅刻しないよう、気にしているんだな・・)


 そしたら翌日の事です。今度はカメ子と二人の時、彼女が言いました。

「私ですね、昨日、夢を見たんですよ。犬舎でキングの居るケージの掃除をしてたんです。

『あんた、また中でウンチをしたと!? どうして散歩のときにしないで中ですると!? こんなに踏みたくったら体中汚れるやろ!』 

って、言いながら掃除してたんです。棒タワシもって、ホースで水かけながらすのこを洗っている時に目が覚めました。

いかんいかん、私、夢の中まで、仕事しよる。夢の中まで、掃除せんでもいいのにって思いました。フフフ・・・

(ふーん、仕事のことが、そんなに夢に出て来るのか、感心感心・・・)

 そしたらまた翌日のことです。
今度は、ぺ子が言いました。

「私、昨日は病院で仕事している夢を見たんです。『ああしたほうがいい』とか、『そんなに言わんでもいい』とか、院長に色々注意されている夢を見ました。

『もう、どうして私の言うことがわからんと!?』

と、ムカムカしていたら、ふと、目が覚めましたよ。

(ほー、みんな職場の夢をよく見るなあ。
 相当、仕事がストレスになってるのかな?

 それとも、根っから仕事熱心で、一生懸命なのか・・・)

私の方から聞いてもいないのに、三日の間に、たまたま三人が自分から見た夢の話しをしてくれました。それぞれが職場で奮闘している夢の話を。

これらの夢を聞いていると、いかにも職場が大変そうで、心理学的には良い夢ではないのかもしれませんが、

それでも、とりあえずみんな仕事熱心なんだ・・・と思い、敬意を込めて、ここにご披露させていただきました。

みんな、

明日は、もっとのんびりして、自由で贅沢な夢でも見てね。
トップへ戻る
nice!(0)  トラックバック(0) 

お菓子屋で揺れ動く女心

小雨の木曜日、時間があったのでスタッフのぺ子が狂犬病の書類手続きに動物愛護センターへ出かけました。

「これをお願いします。今回は七件です。」

「はい、しばらくお待ちください。」

待ち時間を利用して、ぺ子は近所のお菓子屋を覗きます。実はこれが楽しみなのです。

「これ、これ、これが食べたかったのよ。」

ぺ子がお店で評判のマンゴー味のシュークリームに手を伸ばして、スタッフ達へのお土産に四つ買い、五つ目に手を伸ばしかけた時でした。

テーブル席でお茶をしていたマダム達が、追加の御茶菓子を買いにぺ子のいるショーケースのほうへぞろぞろと来ると、嬉しそうに言いました。

「あっ、これにしましょうよ。このどら焼き美味しいのよ! だって、マンゴー味のシュークリームより美味しいんだから。」

「あらそう、じゃあ私も。」

「私も、それ。」

次々に手を伸ばして、そのどら焼きを持っていくマダム達を横目で見ていたぺ子は、五つ目のマンゴー味シュークリームを掴んでいた手を止め、どら焼きを睨みます。

生クリームどら焼きと、書いています。

(むむむ、どうしようかしら。これ、そんなに美味しいのかな?)

しかし、賑々しく持って行った陽気なマダム達の印象は、強烈でした。

ぺ子はシュークリームを放し、どら焼きを四つ混ぜたのでした。

(よし、これも買おう!)

ぺ子は簡単に影響されるタイプでした。


そう言えば、昔、彼女が天神の地下街でお菓子屋さんに行った時もそうでした。

(ここのスフレ、美味しいわ!)

そう思いながら、スフレに手を伸ばした時です。

「あった、あった、これ、これよ。美味しいんだから。」

やっぱり元気なマダムのグループがやって来ると、ウインドウケースの前で大きな声で話し始めました。

「ここの、美味しいのよ。でもね、この店の工場は長浜にあるの、そこの直売所だと、ちょっぴり切り損なったり、ほんのちょっと飾り損なったケーキが半額で買えるのよ! 

だって味は同じなのよ。私よくそこへ行くんだけど、でも今日はここでいいわ。」

ぺ子は耳をダンボにしてそばで聞いていました。長浜のどの辺にあるのか必死で聞き取ろうとしたのですが、聞けずじまいでした。

「待って! どこなの、そのお店のあるところは!」

って、あ~あ、あの時肩をつかんで呼び止めてでも、長浜のどのあたりか、お店の場所を聞いておけば良かったな。

それから十年たっても、いまだにぺ子はあの時聞かなかったことを、悔やんでいるのです。
トップへ戻る
nice!(0)  トラックバック(0) 

菖蒲園のカメ

「あっ、カメだ! 大きなカメだなあ、お前さん、どこに行くんだ!?」

梅雨空のもと、ある日の午後、菖蒲の花を見に舞鶴公園へ出かけた時のことです。
舞鶴公園は福岡城の跡地です。街に残された広大な緑地で、隣接して大濠公園もあります。

菖蒲園はすでに花の盛りが少し過ぎていましたが、咲き残った青や白の菖蒲をめあてに、数人の写真家がカメラを構えて気に入った角度を探していました。

隣りの池には薄黄色の蓮の花も水面に浮かんでいましたが、雨雲の垂れ込めた池の上は、山中の沼のような静けさです。

その池のそばを歩いて城跡に上る坂道にさしかかった時でした。甲羅の長さが20cmを越える大きなミドリガメが、ゆっくり坂道を横切っているところに出くわしました。

「お前さん、いったいどこから出て来たんだ? あっちの池まで行きたいのか!?」

土の上を歩いているカメにはめったにお目にかかれないので、私としてはカメの行く先に興味を惹かれましたが、カメは返事をしてくれません。

のっそり、のっそり、池のほうへ歩を進めます。

「やっぱり、カメは遅いなあ・・・」

もし私の子供時代なら、すごい宝物を見つけたように興奮してカメを抱いて持って帰ったでしょうが、最近の子供ならはたして興味をもつでしょうか。

「おい、悪い奴らに捕まらないよう、早くいくんだぜ。」

そういえば先日カメ子が言ってました。

「わたしですね、子供の頃、カメを飼ってたんです。時々近くの川に持って行って、水槽は川で洗ってました。

その間、カメが逃げないように河原の石で囲いを作ってその中にカメを入れておくんですが、

『あっ、カメが逃げよる!』

言われて慌ててバシャバシャ追いかけてつ捕まえてました。

水槽を川で洗うなんて、今なら文句が出るでしょうね、フフフ・・・」

偶然一匹のカメを見かけても、それを見つめている人たち百人百様、子供時代の自分なりのカメとの思い出が、密かに心に甦っているのでしょう。
トップへ戻る
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

フカフカのクッション

診察では時々エコー(超音波の診断装置)を使うことがあります。そのために、犬や猫に診察台で寝てもらわなければなりません。

「はい、ちょっと寝てもらうよ・・・。上にあがってもらって、じゃあ、ひっくり返ってね・・・」

髭づらの獣医がいくら猫なで声で語りかけても、動物は聞きはしません。何をされるかと、戦々恐々。

しばしば、どったばったと大騒ぎで、飼い主さんとスタッフ、三人がかりで前足を持ち、後ろ足を持ち、頭を持ちの格闘です。

犬たちとしては、まな板に載せられるみたいで、怖いのでしょう。診察台にお腹を見せて横になるのは大抵大騒動です。そう、私たちだって、病院で、横にさせられるのはいい気分じゃありません。

それで先日、エコー用のクッションを導入したのです。少しでも動物がリラックスできるようにと、厚みが20cmもあるような立派なクッションです。

診察台の上にそれを敷いて、フカフカのベッドのようにして、動物を寝せました。

そうしたところがどうでしょう。
見事にみんな、おとなしくなりました。

最初は多少ばたばたしますが、柔らかい寝心地がわかると、黙って静かになります。そして検査の間、神妙に耐えてくれます。

(ふーん、動物とは言え、硬い診察台で寝るのは嫌だったのかなあ。気持ちの良いクッションなら、これほど安心して寝ているのか・・・)

意外な発見でした。新鮮な驚きです。

動物たちも、気持ちのいいベッドが好きなんだなあ・・・。

考えてみれば、産科の病院などは上等の個室にフランス料理でもてなすとも聞いています。
やっぱり、気持ちの良いものは嬉しんですよね。

きっとこれからは、このクッションが活躍するでしょう。
トップへ戻る
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。