So-net無料ブログ作成
検索選択

聖ノア通信 - 当病院の日々の出来事、ペットにまつわる色々な話をつづります -

計画変更が人生

人生とは思い通りには、事が運ばないものです。

けれど、描いていたプランが崩れたからと言って、それが悪くなったと言うべきかどうかは、わかりません。

先日、また研修で一年に一度のハワイに行かせていただきました。

ホノルルで三年前まで動物病院をされていたドクターKに、お会いしました。

ドクターは、現役の頃は朝三時から自分の病院に出勤し、居候の動物を含めてたくさんの動物の世話をし、夕方の診療終了まで働き続けたと言う方です。

「僕はクレージーだ。」

と、自分で笑うほど仕事熱心だったので、とうとうリタイヤするまで独身でした。

「もう、疲れたよ。体がえらいよ(きついよ)。」

そう言って、70歳くらいになってようやく病院をゆずりました。

「これからは、のんびり好きなことが出来るでしょう。」

そう考えて、早朝からダイヤモンドヘッドのふもとをジョギングしたり、海釣りをしたり、自分のペースで生活を始めた時でした。

ところがです。仲の良い友人が癌にかかり、入院、治療の後、どういう理由からか、ドクターの家に転居、介護を引き受けるようになったそうです。

一体、どんな理由で転がり込むのか?親戚は他にいないのか?細かな話を詮索するのははばかられましたが、とにかく病気が進んで食欲のない友人の食事を用意してあげたり、世話をしてあげているそうです。

「渕上さん、それで私は4㎏痩せましたよ。今は、家の中にいて大変、ストレスね。何か食べさせようと、作っても、『それは食べたくない。』と、言って食べないでしょう。難しいね。」

ドクターは笑顔でそんな話をされましたが、もともと竹のように細かった体は、今ではもう笹のようになりそうです。

人生とは、思い描いたプラン通りには、運ばないものです。

先日も、一人のマダムが話しておられました。

「主人が定年になって、これからと思っていたら、思いがけず早く逝ってしまいました。全く予定外で、暫くの間は自分の頭で考えることが出来なくなりました。」

人生は、思い描いた夢通りには、いきません。

いつも番狂わせがあり、何とか乗り越えてやれやれと思ったら、また予定外の大問題に対処する必要に迫られます。

でも、それが最悪かどうかは、わかりません。
降って湧いたような出来事の中においてこそ、生きる手ごたえがあるのかもしれない。

働き者のドクターが介護の重荷を担いつつ話す、その彼の表情を見ながら、私はなぜかそう感じたのでした。

 


トップへ戻る
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

飲んだことありますか?!

お茶の時間です。

「この前ね、テレビでアザラシの人口哺乳の話しをしてたの。アザラシの赤ちゃんを育てる時のお乳は、乳脂肪が多くて、60%も含まれるんだって。すごいね。」

マル子がテレビで聞いた話をしました。

「へえ、濃厚。それだったら、どろどろのミルクになりそうね。」

と、カメ子が目を丸くします。

「うんうん、きっと、練乳みたいに粘っこいわね。」

そう言いながら、ぺ子が思い出を話し始めます。

「フフフ、私ね、小学校の三年生くらいの頃かな? 家に犬がいたのよ。ペスって言うんだけどね、ある時、おっぱいが出てたことがあったのよ。

それで顔を近づけて、犬のおっぱい飲んだことがあるわ。え? どんな味かって? もう忘れちゃった、ハハハ・・・

その犬とは大の仲良しでね、私かぎっ子の時期があったから、帰っても一人なので、いつもペスと遊んでた。

おんぶ紐を使って、ペスをおんぶして、夕方中あちこち遊びまわったり・・・ね。」

うーむ、犬は人に最も身近な動物と言われていますが、かなり親密な犬との関係を築いた児童期だったみたいですね。

デパ地下で何でもすぐ味見したがる癖は、その頃からあったみたいですね。 

うん? そういえば、ちょっとしたことで、ぺ子はよく咬みついてくるけど、やっぱり犬のおっぱいを飲んだせいだろうか?!

 


トップへ戻る
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

大親友と通院


ポコちゃんが初めて来たのは二年前、冷たい木枯らしに縮みあがるような二月の夜のことでした。

ポコちゃんは9歳の雌猫、シャムが混じったココア色のきれいな毛色です。

「もともと太ってはないんですが、最近さらに痩せてきたみたいです。時々吐きます。」

心配そうにそう言われるマダムKに手伝ってもらいながら採血、検査したところ、重度の尿毒症であることがわかりました。

「すごく腎臓が悪いですね。」

すぐに入院させて点滴が続けられました。

五日目、元気も出て数値も良くなり無事退院です。

しかし、帰宅して一週間たった頃、また少し元気がなくなってきました。調べると尿素窒素も再び上昇しています。どうやら、慢性的に腎臓が弱いようです。

「うーむ、点滴を繰り返しながら、様子を見ましょう。」

それがポコちゃんの通院の始まりでした。

それから二年八か月、雪の日も、猛暑の日も、ポコちゃんの腎臓を助けるためにマダムは通い、点滴療法が続きました。

但し、それはそれは賑やかしいひと時でした。

マダムの終生の友人となる(多分)ことが予想される大親友が、いつもいつも車を運転して付き添ってくれたからです。

ポトリ、ポトリと乳酸リンゲルが落ちて、ポコちゃんの病める体に吸い込まれていく、静かな時間になるはずでしたが、一度もそんなことはありませんでした。

「ねえねえ、あそこの店、知っとる!? ケーキ美味しいよ!」

「アハハ、うん、知っとる、知っとる。ちょっと引っ込んだ店やろ、何回か買いに行ったけど、美味しいね。私、あそこのマンゴープリンが大好き!」

「それでさ、ブラはさ、固くてしっかりしているのじゃないと、結局駄目なのよね。」

「きゃ、そうそう・・・、通販もいろいろあるけどね、私はやっぱり、あそこのメーカーがいい・・。」


来られるたびに、食べ物の話や、人間関係や、災害、コスメ、衣服、何でも二人で会話の花が咲き乱れました。

こんなに明るく通院する方は初めてでしたが、その間、ポコちゃんはマダムの膝にじっと抱かれて、目を時々開けてチラとあたりの様子を窺っては、また目を閉じる。

ポコちゃんだけがとても物静かな、治療のひと時でした。

そんな通院がおよそ158回も続いたのです。

私は、治療をさせて戴きながら、幼馴染の友情を大切にし、何かと楽しみ、助け合う二人の若いマダムの姿に、明るい励ましをいつも戴きました。

そして、病院に笑い声があるということは、それだけでとても大切なことだと知ったのです。

こうして長い月日が流れましたが、十月も終わろうとしていたある日の昼下がり、秋の優しい陽射しがやせ細った体を包む頃、仕事を休んで看護するマダムに見守られながら、ポコちゃんは安らかに亡くなりました。

「本当にありがとうございました。お世話になりました。」

数日後、わざわざご報告に来てくださったマダムと大親友は、涙で濡れた目で、けれどやるべきことをやり切って、悔いのない顔でニコニコ笑いながら、賑々しく最後の様子を教えてくださったのです。

 


トップへ戻る
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

夢は動物園

先日、またカメ子が某動物園に出かけてきた。目的は一日ボランティアとして参加し、園の裏側まで見せてもらうことにあった。

「ルンルンルン・・・」

ウキウキ出発するカメ子。あいにくの雨空でしたがそれくらいなんのその、カッパを着て長靴姿で足取りも軽く坂道を登ります・・・。

 ワイワイガヤガヤ・・・・・

その日、集まった参加者たちは班分けされ、カメ子は象とカワウソの世話になった。

「わーい、ラッキー! 大好きな象と、可愛いカワウソだわー!」

「あまり象に近づかないように。離れていても、鼻で巻きつかれると危険だから、油断しないように。」

いろいろ注意を聞きながら、ドキドキして作業です。

「あれ?これ、何かしら?」

カメ子は、掃除中に白い固い物を発見しました。指導員に聞くと、ゾウの虫歯ですと、教えてくれたとか・・・

今回、一番カメ子の印象に残った話は、ある女性飼育係の経験談でした。

その方は、小さな頃から動物園の飼育係に憧れていました。その夢は、学校を卒業しても変わりませんでした。

「どうしても、動物園で働きたい!」

彼女はあちこち北から南まで、いろんな動物園に電話し、採用を探し続けました。そしてとうとう一か所募集を見つけたのです。

横浜から出て、受験に行きます。

「神様、どうぞ、受かりますように!」

と、祈ったかどうかは知りませんが、幸運にも彼女は採用されました。
それから15年がたったそうです。

彼女は、今でも仕事が楽しくて楽しくて、たまらないそうです。

動物園で、飼育係になり、ついでにそこで旦那さんも見つけて旦那の飼育係も兼任するようになったそうですが・・・。

自分の夢を描いて、力いっぱい進む人は、幸せですね!!

 


トップへ戻る
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。