So-net無料ブログ作成
検索選択

聖ノア通信 - 当病院の日々の出来事、ペットにまつわる色々な話をつづります -

男子校の家庭科授業

「私、以前は学校で家庭科を教えていたんですよ!」

 大きな猫、プルートちゃんの治療に通っているマドモアゼルSが、そう話してくれました。

「男子校だったんですけどね、楽しかったですよ。あ、私は裁縫はあまり好きじゃなくて、どちらかといえば料理の方が力が入るんですけどね。

ところが調理実習で、ちょっと油断すると、

『ちょっと、あなた達、それ何?フライパンで何炒めてるの?えっ、こ、これ、ハチじゃない!キャッー!』とか、

ミキサーがウイーンって回っているグループの所に行ったら、なんだか竜のようなものが、うずの中をクルクル回ってたので、よく見たら

『エーッ! これもしかしたら、ムカデでしょ!』とか、

それから、一人の生徒がマッチの箱をポケットに隠しているのを見つけたので、

『ちょっと、君、そんなもの持っててどうするの?危ないから出しなさい。』

『あ、いえ、先生、これ、マッチじゃありません。』

『じゃあ、何よ、何が入ってるの? キャー、なにこれ?ダンゴムシ?何でこんなもの持ってくるの!?』

とかで、信じられます?マッチ箱にダンゴムシがギューギュー詰め。もう、何してるかわからないんですよ!

ハンバーグを作るようこねさせていたら、ミンチを放り投げて、天井にペタペタくっつけて遊ぶし、

『油が撥ねるからね、危ないわよ、変なもの入れたらだめよ!こら、あなた、今何入れたの?えっ?氷?氷を入れたの?』

って、私が鍋を覗き込んだ瞬間にブワアーッて炎が 吹き上がって、私のコンタクトレンズが溶けっちゃったり、

『先生、見て見て! 行くよ! 一、二、三、・・』

『エッ、何なの? あなた達、鍋に何を入れるの? イヤーッ、やめて、ヤモリでしょ、 やめてよ、鍋が、鍋が!…』

って、もう、大変だったんです。まあ、それは、良いんですけどね。

教師はとにかく時間が無くて、持ち帰らないと仕事が終わらないから、自分の時間がもう少し欲しくて、7,8年してやめました。

待遇は今より前の方が、すごく良かったから、みんな『もったいない』って言ってくれたんだけどね、エヘヘヘ・・・」

そんな話を聞いているうちに、プルートちゃんの治療は終わりでした。

「ねね、先生、今日のプルートの履いてきた、このスカート、母が作ったんですよ。昨日の夜、いえ、私じゃないんです、母が作ったんです。短くてセクシーでしょ。フフフ・・・このミニスカートで『先生を悩殺してきなさい』って、母が言ってました、プルートに、ハハハハ・・・・」

「いや、これは、すごい。目がくらみそうだ!ハハハ・・・」

「フフフ・・・・」

優秀なマドモアゼルです。どこに行かれても、充実した日々を送られているでしょう。

 


トップへ戻る
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

一日で犬が変わった!

「いやあ、なかなか大変ですよ。いったいどうしたら、おとなしくなりますかねえ、アハハハハ・・・」

ある日、ゴールデンレトリバーの若犬、ムームーちゃんを連れて、ムッシュHが立ち寄られました。生後7カ月のムームーちゃんは元気盛りの育ち盛り伸び盛り、成長まっしぐらの大型犬ですから、力もなかなかです。

 可愛くて可愛くてたまらない。家族中で大事にしている。だけどそばに行くと、飛び跳ねるわ、リードを引っ張るわ、立ち上がって前足をかけてくるわで、どう扱ったらいいのか手に余るというのです。

「それに『待て!』ができないんですが、抑えようとして手を出すと、甘噛みしてくるんですよ。ハハハ・・、だから妻なんかはちょっと、恐がってね・・・」

「おやおや、奥さまが犬に触れなくなったら、これから大変ですから、しつけトレーニングを受けた方がいいかもしれませんね。ご紹介しましょうか?」

「いやあ、それなら、ぜひ、お願いします。」

そんないきさつで、ムッシュに、知り合いの家庭犬訓練学校を紹介させて戴きました。

そしたら驚くことに、すぐ二、三日後ぐらいでしょうか、ムッシュが来られてこう言われたのです。

「いやあ、訓練の先生ってすごいですね。一日来てもらっただけで、ムームーがすごく変わりましたよ。これまでは怖いって言ってたのに、妻の横をついて歩けるようになったんです。たった一日だけですよ。いやあ、びっくりしました。訓練士の先生は、どんな風にしているんでしょうね、ハハハハ・・・」

「そうですか、へえ、そんなに変わりましたか? 奥様が、散歩に行けるようになったんですね。それは良かったですね。」

愛犬と暮らすということは、可愛いだけでなく、楽しめることも大事な要素です。溺愛して手に負えなくなったら放置することも多いと聞いています。

犬と楽しく暮らす為に、訓練士の先生方は大事なサービスを私たちに提供して下さっていると、改めて感じました。

 

 


トップへ戻る
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

お墓でも、気兼ねを

愛犬が元気なのは嬉しいのですが、吠え声や排せつ物には近所に気を使います。

さて、その日も元気な愛犬、パグのドラゴ君を連れて、ムッシュHがおいでになりました。

「耳の掃除と、ノミの予防をしてもらおう」

椅子に飛び乗ったり、走り回ったり、愛嬌一杯のドラゴ君です。

診察台のドラゴ君を撫でながら、ムッシュが言われました。

「やっと女房の49日が終わってね。田舎にも墓があるんやけど、今度こっちに造ろうと思ってね。」

奥様は昨年、頭にできた腫瘍のため、亡くなられました。それこそドラゴをとても大事にされて、いつもアレルギー治療やお手入れに連れて来られていた優しい奥様でした。

 「それでね、お寺さんに相談したんよ。女房の墓を造るついでに、隣りに、将来大事な犬の墓も造ってやりたいんやけど、いいやろかって。

そしたら、和尚さんは 『うん、それは構わんと思うよ。・・・だけどね、隣りの使用者が何と言うかね。中には嫌がる人もいるからねえ・・・。』ってね。

 そう言って、ムッシュは黙り込まれました。

奥様を失い、ようやく心の整理をしてお墓に葬り、やっと歩き始めようとされている時でしたが、奥様を喜ばせることが出来ないのがとても残念そうでした。

和尚さんも、言葉を選びながら、慎重に話されたと思います。

どうやら犬と暮らすのは、お墓でも隣りに気兼ねがいるようですね。

 


トップへ戻る
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

いろいろな電話

「私の勤めているのは、主に女性向けの商品を扱っている会社なんですけどね・・・。」

ようやく一日の仕事を終え、くたくたの体を休める間もなく、急いで 猫のプルートちゃんを治療に連れて来られたマドモアゼルが、ポタリ、ポタリと落ちる点滴を見守りながら、にこにことそうおっしゃいました。

「フフフ・・・、それがですね、世の中には変わった人おられるんですよね。会社にかかって来る電話の中には、

『おたくで以前、ドラえもんの入れ物にした商品があったでしょう。私、あれ使ってたんですが、顔の丸みをどう思われますか?』と言われて、丸みがどうと言われても、私なんて答えたらいいのかわからなくて困ったり、それから

 『僕がおたくの会社の歌を作ったんです。今から歌いますから、聞いて下さい。』とか言われたり、

そんなのはまだいいんですけど、

『おたくのテレビCMに(アジア近隣の)外国人を使っているだろ、なぜだ、日本人を使え!』とかのクレームのような電話もあるんです。私は担当が違うので、『お客様相談室の方へお願い出来ますか。』と、お伝えしたんですが・・・。

本当に、いろんな電話がかかってきますよね・・・。」

マドモアゼルの仕事は電話受付が多いのかもしれません。でも、電話一本でも、会社を代表して受話器を取る時には、知恵も忍耐もユーモアもいるのですね。そう、教えられました。

私も以前、夜中の12時にかかって来た電話で、「避妊手術の料金を教えてくれ」と言われた時は、電話の前に立ってちょっと複雑な思いになりましたが、マドモアゼルに比べれば、まだまだ電話応対の知恵が足りないかもしれません。

今日も、まじめに仕事に頑張っている皆さん、どうぞ皆さんの人知れない苦労が報われますように。

そしてまた、楽しく働ける職場でありますように。


トップへ戻る
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。