So-net無料ブログ作成
検索選択

聖ノア通信 - 当病院の日々の出来事、ペットにまつわる色々な話をつづります -

不用品の買い取り訪問

午前中の診療を終え、午後すぐ猫の避妊手術にとりかかりました。

まだ若い元気なサビ色の子で、大きな問題もなく予定通り終了し、昼休みです。

(よし、とりあえず安心。お昼にしよう・・・。)

「ツルルルル・・・、ツルルルル・・・・・」

自宅に戻り、昼食を戴こうとした時、電話がなりました。

 「もしもし・・・」

「こんにちわ、ご主人様でいらっしゃいますか?こちらはリサイクル買取センターです。このたびご近所を回り、不用品を買い取らせていただきます。なんでも結構です。衣類、食器の一点からでも構いませんから、ご協力いただけないでしょうか?」

(ははあ、・・・また、来たかな、これは今問題の、貴金属買い叩きだな・・・)

一年近く前でしょうか、同じような口上で電話がかかり、来てもらったのです。そうしたら衣類や古いものには目もくれず、「宝石はないか? ネックレスはないか?」としきりに聞いて、結局何も持って行かなかったのでした。

「うーん、不用品ねえ・・・。あいにく今、うちにある不用品と言えば、僕ぐらいだと言われてるんだけどねえ、妻から・・・。」

私がそう言うと、電話の向こうで若者が、明るい声でこう答えた。

「あ、そうなんですか、いえ、一点からでも構いませんので、ぜひご協力をお願いします。」

「う・・・・・」

・・・不用品として協力できるどうか、難しい選択を迫られた。


トップへ戻る
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ハエぐらい・・・

雨の多い八月です。今日も一日降っています。

昼も一時を過ぎた頃、一頭のおとなしいチワワのカットを終えたところで、お昼ご飯にすることにしました。

「あー、お腹が空いた! さあ、お昼にしよう!・・・あら、私、買って来たパンをどこに置いたかしら?」

カメ子が私物置きをがさごそ捜していましたが、見つかりません。

「キャッ、もしかしたら私、着替えた時、二階に置いたままかも!」

あわてて二階に駆け上がるカメ子。

「へへへ、あったわ。でも、暑い二階に置いたままで、大丈夫だったかな?」

くんくんと臭いを嗅ぎながら、戻ってきます。

「まあ、いいわ。大丈夫なことにしよう。イタダキマス!」

と、テーブルに座り、カメ子がにっこりパンの袋を開けた時です。

「キャッ、ビニール袋にコバエが入ってる!」

なんと、買って来たパンを二個入れていたビニール袋の中を、コバエがブンブン動き回っていたのです。

「ギャー!やだあ・・・、どうしよう・・・」

出勤前に、せっかく買ってきたドーナッツとホットサンドです。カメ子は数秒間じっと考えていました。

「でも、いいわ。パンはそれぞれ別の小袋に包まれてるから、大丈夫だと思うわ。」

みんなが注目しているので理屈を説明していますが、何のことはない。食い気に衛生観念が勝てなかっただけです。

何でもなかったような顔をして、ホットサンドを頬張り始めます。

と、そばで見ていた猫娘が、彼女を励ますように言いました。

「大丈夫ですよ、カメ子さん、それくらい。私なんか、この前、赤ん坊に離乳食を食べさせていたんですが、スプーンを差し出して、ちょっと目をそらした時に、スプーンの先にハエが止まってたんですよ。あっ!と思ったら、もう飛んで行ったんですが、私、一瞬、どうしようか迷ったんですが、短い時間だからいいやと思って、食べさせました。」

一同は、こんどはじっと猫娘の顔を見つめたが、それからは何もなかったように、各自の食事を続けたのです。


トップへ戻る
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

旅先で眼鏡が!

それは久しぶりの山口出張でした。某大学での獣医講習会出席のためです。土曜日の仕事を終えて夜の7時に福岡を出て、山口についた時は時間も回っていました。

とりあえず近所の食堂を見つけて夕食を取り、安宿にもどって汗を流し横になってテレビを見ていた時です。

ふと体の向きを変えた瞬間に、バチッと音がしました。

(エッ、何だ!?)

それは、はずして横に置いていた眼鏡を肘で押しつぶした音でした。

(まさか! うそっ!)

いいえ、本当でした。耳にかける細い「つる」の部分が、折りたたみのネジの部分でボッキリ折れていたのです。

頭が真っ白になりました。私の裸眼は0.01以下、眼鏡がなければ明日の講習会で何も見えないし、第一車も運転できず、どうして福岡まで帰れるでしょうか?

(落ち着け、落ち着くんだ。どうしたら、この緊急事態を乗り越えられるか、考えろ!)

頭の半分は、パニックで、残りの半分で、何か名案を探そうとしていました。

地方の温泉街です。時計を取り上げて睨むと、夜も11時を回っていました。

(そうだ、ホテルのフロントで助けてもらおう。瞬間接着剤でも、貸してくれるかもしれない。)

私はあわてて服を着ると、エレベーターのボタンを押すのももどかしく、一階におりました。

「すみません、眼鏡が壊れて・・・」

見えない床に気をつけながらエレベーターを飛び出すと、私はそう言おうと思って、フロントへ駆け寄りました。

と、そこで見た時の衝撃! なんと、カウンターに白いシャッターが下り、ホテルのフロントが閉店しているのです。

(そんな! フロントに・・・、フロントにシャッターが下りるなんて、有り!?)

信じられませんでした。誰も居なくなっていたのです。

(やっぱり、安い所に泊ったから・・・こんな時に限って・・・)

小学校の四年生から眼鏡をかけていますが、生まれて初めて眼鏡を壊したのが、よりによって旅先で深夜とは。

(そうだ、明日一番で、眼鏡屋に行こう!)

しかし、こんな温泉街で、速攻で眼鏡を作ってくれるところがあるとは、期待できません。やっぱり、なんとかしなければなりません。

(サバイバルだ、考えろ! 考えろ!)

と、その時です。ホテルの玄関ドアの向こうの方に、コンビニの灯が見えました。

(やった!よし、コンビニに行けば、何かあるかもしれない。)

私は夜の街へ飛び出すと、壊れた眼鏡を目に乗せて片手で支えながら、車に気をつけて右左を見ながら道路を渡りました。

「すみません、瞬間接着剤はありますか!?」

祈るようにして聞くと、店長らしいおじさんがニコニコやってきて言いました。

「はい、有りますよ。どうぞ、こちらです。ところで何に使われますか?」

「眼鏡が壊れたんです。ほら、ここ!」

私が壊れた眼鏡を見せると、店長が気の毒そうな顔をしてこう言いました。

「あ、いや、眼鏡には着きませんよ。僕も前にやってみたんですが、だめでした。ほら、ここ!」

そう言われて、店長のしている眼鏡の左のつるを見ると、一か所透明テープでぐるぐる巻きにしていました。

「ね、だから、僕はセロテープで巻いています。テープのほうがいいですよ。」

にっこり笑う店長。ガックリくる私。

「はあ、・・・そうなんですか・・・」

なんという運命の巡りあわせ。店長の眼鏡も壊れたままだったのです。しかも、店長の眼鏡は太くて、真ん中あたりが折れているので、修理しやすいはずです。私のは、折りたたむ金具の所なので、添え木を当ててテーピングというわけにはいきません。

(運命の分かれ道だ、良く、考えろ! どうするか、よく考えろ!)

私は静かに自分に言い聞かせ、そして決断しました。他に方法はありません。

「じゃあ、瞬間接着剤と、テープと、両方下さい。」

とにかく、これで乗り切るしかない。なんとかしないと。

私は900円を払うと、その二つを大事に抱えて、ひっそりとしたホテルに戻ります。

(とにかくやってみよう。接着剤で、つかないか・・・)

どうやら私は、人の言葉を簡単には信じない性格のようです。とにかく、眼鏡のつるを折れ口に合わせ、接着の予行演習をして、つながり方を確かめます。そして、いよいよ本番、緊張に震えながら接着剤を塗りました。

(着け!着いてくれ!)

祈りながら一分ほど、じっとじっと押さえ続けました。そして、そっと指を離すと・・・なんと、つるは折れていたところでしっかり固定されたのです。

やった!やったぞ! 着いたぞ!・・・でも、本当かな? 押してみようか、いやいや、とにかくかけてみよう。

眼鏡をかけてみましたが、大丈夫です。ちょっと傾いていますが、気にならない程度です。

良かった! これでなんとか明日は乗り切れる。福岡にも帰れる。

私がホッとして、眠りについたのは二時近くになっていました。

・・・・・・・

「ということでね、週末は出張先で大変だったんだよ。ほら、ここが折れている部分。」

月曜日のお茶の時間です。まだ傾いた眼鏡をかけたまま、私は騒動のてん末をスタッフに話しました。

「今日も、明日も、昼休みは手術が入っているから、だから水曜日に眼鏡屋さんに行って来るよ。それまで壊れないように、そっとかけとかないと。」

「でも、どうして眼鏡を壊したんですか?}

と、お菓子を食べながらマル子が聞いた時です。すかさず、カメ子が冷やかにこう言い放ちます。

「ふん、先生のことだから、どうせ、いやらしいテレビでも見てて、うっかり、しくじったんでしょ!?」

「・・・うっ、・・・むむむ・・・、」

どうしてカメ子は、感が鋭いんでしょう・・・


トップへ戻る
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。