So-net無料ブログ作成

聖ノア通信 - 当病院の日々の出来事、ペットにまつわる色々な話をつづります -

軽トラックから、降りて来てくれる日を

「こんにちわ、今日は兄の家の犬を連れてきました。」

マダムNが中型のミックス犬を引っ張って来られました。茶色で被毛はたっぷりフカフカです。

「足を痒がるので、見てください。それと、健康診断もお願いします。」

よいしょとマダムとスタッフが抱えて診察台に上げたら、17kg、けっこう大きめです。

「えーと、足はどんな具合かな?・・・」

と、触ろうとしたら、ばたばた慌てて足踏みを始め、見せてくれません。無理に掴むと、「ウー・・・」と、牙をむいて見せます。

「それ以上すると、咬みつくぜ! やめとくんだな!」

そう言って私を睨みます。口輪をつけようとしたら、またまた大暴れ、首を振り回して立ち上がったり、寝転んでローリングしたり、悲鳴をあげたりで、とてもつけられません。

「ああ、これは、無理ですね。どうしましょう、鎮静をしてでも、検査しますか?健康診断は,採血をしないと無理だし・・・」

「はい、お願いします。」

というわけで、何のことはない検査だが、足の皮膚検査と採血のため、鎮静をかけることになった。

注射だけなら、嘘のようにおとなしい犬です。そして皮下注射後18分、すやすや休み始めます。

その間に皮膚炎の所をゴシゴシとメス刃でこすって皮膚サンプルをとり、あるいは採血をしました。

「先生、この子はね、家に軽トラックが入って来ると、いつもじっと食い入るように、見ているんです。兄が下りて来ないか、見ているんです。兄がいつも軽トラックに載せて、田んぼや畑に連れて行ってたからです。兄がとても可愛がってました。

いえ、荷台じゃないんですよ、助手席です。いつも助手席に乗せて、田んぼに行ってたんです。だから、兄以外の家族のいうことは聞かないんです。他の家族は、恐くてあまり手が出せないんです。

でも先生、その兄は、もう亡くなったんです。亡くなってから、八年にもなるんです。それなのに、まだギンは、軽トラックが入って来ると、兄が下りて来るんじゃないかと、今でもじっと見つめているんです。」

「・・・ふーん、八年もたつのに、まだ覚えているんですか?」

「はい、誰が下りて来るか、いつも目でじっと捜しているんですよ。」

「ふーん・・・」

十歳になるギンちゃんは、若い頃の二年だけの記憶を抱きしめるように大事に覚えて、諦めないで八年間も飼い主の事を待ち続けているのでした。決してあきらめずに、そしてこれからもきっと、待ち続けるのでしょう。

今、診察台ですやすや眠る、そのギンちゃんの横顔を見ながら、私は胸がせつなくなりました。

もし私が死んでも、まさかそんなにいつまでも慕ってくれる家族は、誰もいないでしょう。

今だって、「ただいま、帰ったよ!」と言っても、玄関に誰も迎えに出て来てはくれないんですから。

居間に入ると、テレビから、「ワハハハ・・・」と、お笑い番組の騒ぎ声が流れて来て、おもむろにチラとこちらを見て「ああ、早かったね」と言って、またテレビを見いる家族たち・・・。

(ううう・・・)

あ、いや、自分の愚痴をこぼすのが、今日の話しではありませんでした。ギンちゃんのけな気さでした。

(犬ながら、あっぱれな奴だ! たいしたもんだぞ。でも、本当はおまえも、胸の中で、せつなさと戦いながら、いつの日かと信じて待ち続けているんだな!)

暴れて、苦労をかけさせられたギンちゃんでしたが、とても可愛く思えてきました。しんみり見つめていると、スタッフが、横から声をかけました。

「先生、この子に、フィラリアがいますよ!」

「えっ! なんだって、フィラリアがいた!?」

ギンちゃんは、今まで誰にも体を触らせませんでしたが、その分、色々な予防が不十分になったようです。でも発見できたなら、今度から、治療に取り組めます。

マダムが実家に連れて帰って、改めてお兄さんの家族と相談することになりました。

ギンちゃんには、良くなってもらいたいものです。

大きな体でずっと元気に、これからもお兄さんの家で、納屋の前の広い庭先で寝そべって、そしてお兄さんの帰りを待つ姿を通し、家族に温かい思いを分け続けてくれるでしょう。


トップへ戻る
nice!(1)  トラックバック(0) 

喉の奥のつかえ

(ング、・・・ング・・・)

どうも喉の調子がおかしいわ。ヒリヒリする感じで、何かがつかえたみたい。

数日前から違和感を感じていたカメ子が、ゲホゲホと、咳をしてみた時です。

なんと、少量の血液が混じっていました。カメ子の顔から、スーッと血の気が引きます。

(こ! これは・・・ 癌だわ! 癌に違いない!)

クラクラした頭でそう考えると、早く病院に行って調べてもらおうと、決心しました。

翌日です。仕事が終わるのを待ちかねたように職場を飛び出すと、耳鼻科に飛び込みます。

「先生! 助けてください!」

話しを聞いたドクターは、どれどれと、口の中を覗きます。

「うーん、どこも腫れてないし、炎症もないね。でも念のため、もうちょっと奥の喉頭部まで確認出来るように、スコープを入れてみようか。何かあったら、いけないからね。」

「はい、お願いします。」

ドクターはカメ子の鼻に点鼻麻酔をすると、するすると鼻の穴から内視鏡を入れる。

ブヒブヒ・・・・

カメ子の小さな鼻が広げられ、スコープが喉の奥を映し出す。

「わわっ、先生、これは、これは何ですか!?」

モニターに映し出されたゴツゴツに、カメ子が驚く。

「あ、これ? これは普通だよ。誰にでもあるよ。えーと、・・・うーん、やっぱり何もないね。もしかしたら、食物を嚥下する時傷つけていて、それが治りかけているのかもしれないけど・・・」

「何も見つからない。」・・・それで十分です。

「あっ! げげっ、これは!」なんてドクターから言われたらどうしようと、ドキドキでした。 「何もないね」という言葉に、カメ子のどーんと重たい胸の不安がすーっと晴れました。

・・・・・

「そういうわけで、昨日は病院に行ってきたんですよ。まだ、違和感は残っていますが、でも、安心しました。」

カメ子が嬉しそうに報告する。

「ふーん、そうだったの、でも、良かったね。」

一緒に働いているのに、私はカメ子の不安に気がつかずにいて、悪かったなあと思ったが、とりあえず癌などでなくて良かった。

でも、まだ、何だか喉につかえがあるらしい。

多分、カメ子の喉の奥に張り付いているのは、くすぶっている院長への不満に違いない。


トップへ戻る
nice!(1)  トラックバック(0) 

穏やかな性格は夫ゆずり

「こんにちわ、チップを迎えに来ました。」

重い腎不全のため点滴に通院しているワンちゃん、八月は容体が重かったのですが、ここ数日はちょっぴり持ち直してくれており、嬉しいことです。

「おとなしい子ですね。」

「そうなんですよ、とっても」

じっとしているチップちゃんに感心して、ぺ子が点滴中の様子を伝えると、マダムもうなずく。

「本当におとなしくてですね、主人に瓜二つなんです。主人もとっても穏やかで、全然攻撃的なところがなくて、もの静かな性格です。私は、この子を主人に躾けてもらって本当に良かったと思っています。私じゃなくて良かった。」

いえいえ、マダムも静かで穏やかな方ですが、きっとそれに輪をかけて、温厚な御主人なのでしょう。

「もうチップがいつどうなるかわからないので、今までは別室で寝せてたけど、可哀想だから一緒に夜も休んであげようって、主人が居間でチップと一緒に寝てるんですよ。」

ふーん、やっぱり家の雰囲気が犬にも影響を及ぼすんだなと、私は改めて思いました。

そして点滴が終わる頃、マル子がチップの所へ行った時です。

「あれえ、チップ、なんでチューブを咥えてるの!?」

なんと、今までいつもおとなしかったチップが、自分の体につけられた点滴チューブをガッチリ咥えて、ムギューと引っ張っているのです。

「あれえ、チップちゃん、だめだよ、噛みついたらだめ!」

だんだん元気になって来たのか、今までしなかったことを、チップは始めました。

治療が続いて、ストレスがたまって来たか、あるいは今までにない元気が出てきたか・・・。

もしかしたら、「おとなしい」と言うキャラクターを長年期待されてきたことに、ついに反抗を始めたか?

おとなしかった子が突然反抗する・・・、人間の世界でだって、時々聞きますからね。

でもやっぱりここは、「元気になってきた証拠」と考えたいのですが、

・・・チップちゃん、チューブで遊ぼうという余裕が出てきたとしたら、嬉しいなあ。


トップへ戻る
nice!(1)  トラックバック(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。