So-net無料ブログ作成

聖ノア通信 - 当病院の日々の出来事、ペットにまつわる色々な話をつづります -

外灯の取り換え

「あ、またタマが切れてるみたい!」

夜、仕事を終えて帰る時です。病院の西側の壁につけた防犯灯、蛍光灯の三台のうち真ん中の蛍光灯がチカチカしていました。

「取り替えんと、いけんね。いつか明るい時に。」

「あ、本当ですね。取り替えないとですね。」

チラチラする蛍光灯を見上げながらカメ子も頷いて、自転車で帰って行った。

それから二週間、真冬の寒風に吹かれながら、私は脚立に上がってタマを取り換える気に、なかなかなれない。

もちろんカメ子もマル子も、忘れているふりをしつつ日を過ごすうちに、蛍光灯は切れてもう点かなくなった。

と、そんなある日、「こんにちわ!電気屋です!」と、馴染みの元気なお兄さんがチラシを持ってあいさつに来られた。

「おっ、ちょうど良い所に。すみません、ちょっと、お願いが・・・。おい、カメ子、取り換え用の蛍光灯を持っておいで、ほらほら、早く、ちょっと、手伝ってもらおう。」

こうして辛い作業を遁れようとした私は、電気屋のお兄さんとカメ子に蛍光灯を一本持たせ、木枯らしの吹く用水路そばの壁へ、行ってもらったのだった。

蜘蛛の巣がついて古びた蛍光灯のカバー、そのネジを上も下も外したら、防水ゴムがあるのでそれもキュルキュルはずす。

「すみません、足場が悪いでしょ。それに、軒にぎりぎりの所だから、ネジをすごく外しにくいでしょ。死んだ虫なんかも、いるし・・・。」

「ハハハ、そうですね、虫ならまだいいけど、時々カベチョロなんかが飛び出してくると、ギョッとしますよ、ハハハ・・・」

「そうなんですよ、だから私、取り替えないといけないと思いつつ、それに寒いし、やだなあって、つい伸ばし伸ばしになって・・・」

「ハハハ、そうでしたか。どうぞ、もう中へ入っていていいですよ。こっちはやっときますから・・・」

・・・・・・

「ヘヘヘ・・・、先生、というわけで、私帰ってきちゃった。外はもうすぐ終わるみたいですよ・・・」

「おやおや、なんでもしゃべってくるんだね、まあ、いいか、お疲れさん・・・。」

電気屋さんには、ついでにもう一か所、切れていた裏口の照明も取り替えてもらった。

外を見ると早い冬の夕暮れ迫り、今にも雪がチラつきそうです。


トップへ戻る
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。