So-net無料ブログ作成
検索選択

聖ノア通信 - 当病院の日々の出来事、ペットにまつわる色々な話をつづります -

夜のタクシー

「今週はゴールデンウイークですね。忙しいですか?」

「いんや、うちは夜しか走らんし、野球もあるし」

ビーグルのターちゃんが、耳血腫で通院して来た時、ムッシュNにお聞きしました。ムッシュは、個人タクシーを経営されています。もう働く必要もない御身分のようですが、大好きなソフトボールと仕事とを続けながらますますお元気です。

「しかしねえ、夜の酔っぱらいは困るねえ。この前もね、『野間まで』と言われて走ったけど、野間に着いたらお客さんが寝込んでね、『家はどちらですか?』って、いくらゆすっても起きんのよ。

ほとほと困ってね、近くの警察署に連れて行ったよ。そしたら、『いや、うちは今日は満杯。もうトラは収容できん。隣りの警察署に連れて行って。』ち言われてね。ほら、だいたい地下にそんな場所があるでしょうが。

そうよ、仕方ないから、別の警察署まで連れて行ったよ、タクシーでそのまま。

そしたらそこの警官の一人が、『あ、またこの人か! たしかこの前も来とったよ!』て言ってね。往生したよ。

でもね、男の場合はまだいいたい。女の人の場合が困る。」

「え!? 女の人でも、寝込みますか!?」

「そうよ、おるんよ。だけど、ちょっとでもゆすったりしたら、『あ! あんた、私に触ったろ!』とか言われかねんけね。そうよ、トントンってしたって、後で何ち言われるかわからんけね。どうしようもできんで、やっぱり、警察に連れて行くしかないよ。

それにね、この前は、乗せたお客さんが、途中で吐いてね。おろしたばかりワイシャツにもべっとり飛ばされて、もう仕事ができんやった。」

「それは困りますね。」

「そうよ、それがね、車内のクリーニング料をいただかんといけないのですが・・・と言っても、『払わん』とか言われてね。『俺が自分できれいにする』とか言うけど、そんなできんでしょうが、次のお客さんを乗せられるくらい綺麗にはね。」

いつもはつらつとしたムッシュですが、なるほど、聞けばポロポロと、次から次にいくらでも苦労話が出てきました。本当はもっと言うに言われぬ話しもあるのかもしれませんが、今日はもう耳の治療の方が終わりました。

さあ、今夜はムッシュ、中洲あたりでハンドルを握っているでしょうか?・・・

「運転手さん、野間まで!」

「・・・はい、・・・えっ、ドキッ!」


トップへ戻る
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

妻を想いつつ、日本一周

「お待たせしました。たっちゃん、どうぞ!」

トコトコトコと、足取りも軽く、黒パグのたっちゃんがムッシュにを引っ張るように診察室に入って来ました。いつものように椅子にぴょんと飛び乗ったところで、ムッシュが抱えて診察台へ上げます。ブフブフブフと、忙しそうな息づかいで、テーブルの四隅を嗅ぎまわります。

 「今日は、狂犬病ワクチンをお願いします。」

「はい、一緒に耳もチェックしましょうか?」

ムッシュの最愛の奥様が、頭に腫瘍ができ、数年の闘病の後一年ほど前に亡くなられていたのです。しばらくお見かけしない日々があり、みんなで心配していましたが、この頃はまた耳の治療で通院されるようになっています。

「先生、私はもう少ししたら、こいつと一緒に日本一周をしてみようかと思うとるんです。」

「へえ、日本一周!? いいですねえ、キャンピングカーにでも乗ってですか?」

「いいえ、普通の車ですが、ペット同伴可の宿を使ったり、車で寝たりしてもいいと思ってるんですよ。山口から日本海を周って海沿いを走り、東京みたいなところは素通りしてね、四国ではお遍路さんの道を行こうかと・・・」

「ふむふむ、ゆっくりい進めますね。いろんな見どころがあるでしょうね!」

「ええ、実は私は家内を、どこにも連れて行ってあげんやったから・・・。

一度、呼子には行きましたが、その時『おい、何を食べようか?』と、聞いた時、家内は『何でもいいよ。うどんでもいいが。』って言ったので、通りかかったふつうのうどん屋に入ったんです。」

「うーむ、・・・・・」

「せっかく呼子まで行ったのに、イカぐらい食べさせてやったら良かったと、今にして考えるんですよ・・・」

「そうですか・・・、せっかく呼子に行ったからですね・・・。」

「ええ、・・・それで、家内を連れて行ってあげられなかった分、これからはこいつと旅して周ろうかと・・・。その話をしたら、娘が、それならこの道からどこそこへ入ったらいいとか、コースを調べてくれましてね。」

ムッシュがぽつりぽつりと話されるのを聞いていると、奥さんの遺影を助手席に、たっちゃんが窓から顔を出し、夕焼けの日本海を走る情景が目に浮かぶようでした。

「さあ、たつ、帰ろうか!」

ワクチンも無事終了、黒一色のたっちゃんは、短いしっぽをふりふりお父さんと帰って行ったのです。


トップへ戻る
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。