So-net無料ブログ作成

聖ノア通信 - 当病院の日々の出来事、ペットにまつわる色々な話をつづります -

都市高速を戻れ!

それは秋も深まっていく十月も末の朝でした。マドモアゼルTが愛車のハンドルを握り、出勤途中の事です。天神北から呉服町へ抜ける都市高速の、中央分離帯に軍手のような白いものが引っかかっているのを一瞬見ました。(あれ、今のは・軍手?それとも・・・)

何しろ朝の通勤時間、後ろから押されるように飛ばしている都市高速の上です。我が網膜の残像に不審を抱きましたが、確信が持てません。もしかしたら、もしかするかも、でも、こんな所に・・・ありえないわ。

マドモアゼルは、気になったので呉服町ランプで降りました。そして天神北ランプまで回ってそこから再び都市高速に乗ります。今度は少しスピードを落として通過しました。

「やっぱり猫だわ、小さな猫!」でもラッシュの都市高速の真ん中で車を止めるわけには行きません。彼女は都市高速を降りるとすぐに都市高パトロールへ電話をし、保護を依頼しました。感謝なことに担当の方がすぐに行ってくれたようで、15分ほどで報告が入りました。「確かに子猫が居りました。今は機動隊本部の方で保護しております。」

マドモアゼルは仕事が終わったら迎えに行くので、それまで預ってくれるように頼みました。

そして仕事が終わり6時、機動隊へ行き子猫を引き取ると、当院に連れて来られたのが夜の8時頃でした。白い体にキジのブチが入ったオスの子猫。生後2か月くらいで、人なつっこい様子です。ドライフードを見せるとすぐにがつがつ食べ始めました。望診の範囲では、怪我や明らかな体調不良はなさそうです。ノミ駆除を施しました。

「うちにはすでに二匹保護猫がいるので、家には入れられません。健康状態を確認して里親探しをします。うちはベランダが広いので、そこに暖かい小屋を作ってあげてケージに入れます。」

マドモアゼルはにっこりそう言われると、小さな可愛いスポーツカーに子猫を乗せて、帰って行かれました。

それにしても、都市高速を降りてまた乗り直して確認し、そこまでして通りすがりの子猫を助ける優しい方がおられるのですね。本当に、心から脱帽です!


トップへ戻る
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。