So-net無料ブログ作成

聖ノア通信 - 当病院の日々の出来事、ペットにまつわる色々な話をつづります -

人の生き方

「うーん、手術はねえ、どうしましょう・・・。」

マダムTの可愛がっている柴犬のコウちゃん(仮名)に精巣腫瘍が見つかりました。マダムは知らなかったようですが、お腹を見るとニワトリの卵ほどにも大きくなっています。

「これは大きくなりすぎですよ、とってあげたほうがいいですよ。」

レントゲン検査では、胸部にまだ転移は見られません。

私はそう勧めましたが、万が一のリスクを心配して、マダムの決心はつきそうにありません。

「ご家族とよく相談されたら、どうですか?」

「いえ、先生、私は一人暮らしなんですよ。うちは姉妹ばかり生まれて、みんな家を出てるんです。わたしだけ結婚はせずに、東京に出てずっと仕事をしてたんですよ。

でも、12年前に母の介護をするために、福岡に戻ってきたんです。最初は九州に帰ろうかどうしようか、それはやはり迷いましたけどね。
それから一年ほどして、私はこの犬を飼い始めたんです。

でも、もともとはね、この犬は、近所の子供が見つけてきて、家に持って帰ったのよ。だけど母親から『駄目よ、飼えないわよ。』と言われて、里親捜しに出されたのを、引き取ったんですよ、フフフ・・・。」

マダムはカウンターの前に立って、じっと足もとのコウちゃんに目を注ぎます。

「先生、私も6年前に胃癌が見つかって、2回手術をしてるんですよ、・・・、それで、この子とどっちが先かしら?でも私が看てやらないといけないわね・・・と思ってるんですけどね。フフフ・・・」

マダムは笑いながら言いましたが、しかし彼女の最後に付け加えた言葉

「でも、私が看てやらないとね」・・・は、

きっと12年前も、お母さんを介護する為に東京から戻ってくる決心をした時に、心につぶやいた言葉と同じなのでしょう。
トップへ戻る
nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。