So-net無料ブログ作成

聖ノア通信 - 当病院の日々の出来事、ペットにまつわる色々な話をつづります -

カメ子の選挙

「選挙は行かれましたか?」

歴史的な総選挙が終わった翌日です。キャバリアを連れて来た義姉に、私は皮膚病の診察をしながらそう尋ねました。

「ええ、でも私は一週間前に不在者投票をしてたのよ。」

ニッコリ笑って義姉がそう答えた時、すかさず傍にいたカメ子が口をはさみました。

「あっ、私も不在者投票しましたよ。ただ前日の土曜日でしたけど。
それが私ですね、てっきりいつもの投票場で投票できると思って、近所の集会所に行ったんですよ。

そしたら、確かに部屋の中に投票箱とか、机とか、会場の準備は
出来てるように見えたんですが、コチコチと叩いても、誰もいないんですよ。

『あれ? おかしいなあ?』と思ってたら、何かの始まる時間なのか、そのうち子供が入って来てですね。」

「ドジだなあ、やはりカメ子は。近所で投票できたら、普通の投票を二日間やってるのと、同じじゃないか。不在者投票は、区役所とかでしょ。

じゃあ、なんだい、『ここじゃないよ!』って、子供に教えられたのかい?」

「いいえ、私、そばの公園でベンチに座って、もう一度ハガキをしげしげと読み返していたんです。
そしたら、区役所だと書いているのに気がつきました。で、そっちへ行きました。」

「ふーん、集会所で誰にも会わなくて良かったねえ。もし『あなた、ここじゃありませんよ!』って言われたら、恥ずかしかったねえ。ハハハ・・・」

「はい、ヘヘヘ・・・」

こうしてカメ子も、無事国政に参加できたようです。

さあ、国民の期待はどう実るかなあ・・・・。
--------
トップへ戻る
nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。