So-net無料ブログ作成

聖ノア通信 - 当病院の日々の出来事、ペットにまつわる色々な話をつづります -

バンクーバー

「そう言えば、マダム、カナダに行かれてたんですよね。」

「はい、土曜日にバンクーバーから帰ってきたんですよ。」

マダムNが、ポメラニアンのミミちゃん(仮名)を連れて来られた時、そう言われました。
ミミちゃんは、乳腺疾患で、治療中です。

「お疲れ様でした。どうでしたか、あちらは?」

「ええ、やっぱりいいですね。山歩きもできましたし。景色がすごく奇麗で・・・」

最近、カナダに行かれる方が増えていますが、私もお話しを伺いながら想像を膨らませ、北アメリカのイメージを脳裏に描きます。

「きっと、湖が奇麗なのでしょうね。」

「ええ、やっぱり、ローッキーのほうに、はい、カナディアンロッキーのほうなんですが、素晴らしい自然が一杯ですよ。西側ですよね、国土の真ん中辺りは、山が少ないみたいですし。」

「あの、オリンピックは見ましたか?」

「それがチケットがほとんどとれなくて、見てないんです。でも、アイスホッケーだけ見ました。たまたまカナダの試合で、向こうの人でもチケットが取れないのに、あなた羨ましいって言われましたけど。

でもホッケー、初めてですけど、おもしろかったですよ。」

そんな話を聞きながらもミミちゃんの治療について相談を進め、近いうちに手術をすることに決めました。

さて、オリンピックは私もテレビで見ていますが、フィギアスケートの四回転ジャンプ、あれなんか私にどこまでできるか試そうと思い、
先日職場の隅で思い切って飛び上がってみたところ、なんとか一回転したところで着地に失敗し、よろめいてハタとテーブルに摑まりました。イテテ・・・

なんとか転倒は免れましたが、
ご年配の皆さん、
どうか皆様は、四回転ジャンプの真似をしないように、

足を挫きますから・・・。
トップへ戻る
nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。