So-net無料ブログ作成

聖ノア通信 - 当病院の日々の出来事、ペットにまつわる色々な話をつづります -

火事の知らせ

カレンダーをめくります。はやくも三月を迎えました。
三月と思うだけで、もうなんとなくのどかで、街に春が到来したような気分になります。

ところが空は墨のような雲に覆われ、朝からかなりの雨模様です。雷さえ鳴っています。

(うーむ、今日は、患者さんは出て来にくいだろうな。)
そんなことを思いながら、散らかった院長室で獣医書を読んでいた時でした。

「先生、お電話です。黒康さんという方からです。」
猫娘がそう言います。

(えっ? 黒康さん・・・どなたかな? )

「もしもし、お電話、代わりましたが、・・・」

「あっ、あの、黒康です。黒康かえでです、はい、奥さんの友人の、いつもお世話になっています・・・」

「ああ、ああ、かえでさん、」

「はい、あの、実は、今朝、家が焼けまして、今、公民館に避難して来てるんです。あわてて逃げるのが背一杯だったので、私、今も着ているのは寝巻き一枚なんです。

それで、携帯も焼けて、奥さんの電話番号もわからないので、病院にかけさせてもらいました。」

「えっ、それは大変だ! すぐ妻に伝えます。公民館ですね、はい、行かせます。え? 着る物が何もない。化粧道具もない?いいえ、かえでさんはスッピンで十分奇麗ですから。

でも、とにかく急いで行かせます。あの、お母さんもご無事ですか?・・・」

冗談には笑ってくれたので、精神的には大丈夫のようです。
私はすぐに妻に知らせに行きます。

ちょうど韓国ドラマを見ていた妻は、事の急を聞き、いざ親友の一大事とばかり、あわてて立ち上がったのはいいが、何を持って行ったらいいかと、あわあわ言って、うろたえるばかりです。

さて、その時は知らなかったのですが、その頃もまだ鎮火しておらず、中洲川端ではなお消火作業が続いていたらしいのです。

「えーと、かえでの着る物と、それとお母さんのものと・・・」

思いつく荷物をまとめて、妻は急いで中州に向かおうとして、はたと止まる。

「でも、中洲って、どっちかしら?」

「う・・・・あのね、・・・・・」

ようやく、妻を送り出す。


「知り合いが火事に遭ってしまったようなんです。」

「火事は怖いですねえ・・・。」

病院に戻ると、ちょうど腎臓病の治療に来られたネコのムウちゃん(仮名)の飼主マダムHと、火事の話になりました。

「うちもねえ、隣が火事で焼けた事があったんです。だけど、境界に立ち木があって、それで類焼が防がれたんです。」

「へえ、やっぱり、生きている木は、強いんですかねえ。防火作用があるんですねえ。」

火事は人生で積み重ねてきた物を、一瞬にして煙にし、無理やり整理してしまう。そんな話をしている間もムウちゃんは、いつもの如く、静かに点滴を受けてくれました。

さて、夕方です。帰ってくるなり、妻が不満気味です。

「ねえ、聞いてくれる?わたし、路上のパーキングメーターにちゃんとお金を入れて、公民館に行ったの。
そして、友達が用事で出ている間も、お母さんに付き添って、九十を過ぎられてるでしょ、

それでなにやらかにやらして帰ろうとしたら、駐車違反が張られているじゃない。だって私、不足分はお金を入れようと思って、コインも両替していたのに・・・。

火事であたりは車が多かったし、荷物を降ろしたかったし、そうそう、ちょうど市長さんも公民館に来られて、長引いたのに

それで、警察に『どうしてですか?』って聞いたら、『じゃあ、抗弁書を提出してください』ですって。私、絶対、提出するわ。」

・・・
状況は分かりますが、はたして彼女の言い分を、受け入れてくれるかどうか・・・?

火災に遭った友人にとっては勿論、わが家にも波乱の三月の幕開けとなりました。
トップへ戻る
nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。