So-net無料ブログ作成

聖ノア通信 - 当病院の日々の出来事、ペットにまつわる色々な話をつづります -

沖縄の海で

「沖縄の場所は決まりましたか?」

「いえ、まだ捜してもらってるんですよ。」

マダムYがにっこりとして言われた。

マダムは長い間、医療関係の職場で働いておられた。ずっと独身で通され、趣味はスキンダイビングなどでした。

けれど昨年になって、そろそろ仕事に区切りを付けようと決心され、沖縄の海辺で小さなホテルを開いて暮らそうと決められたのです。そのために向こうの専門家に、最適な場所などを当たってもらっているとのことです。

「沖縄に行ったら、むこうの海でこの猫の散骨をしようかしら。」

「おやおや、まだタマちゃんは生きてるのに、そんなこと言って・・・」

私たちは笑いながら、そう答えた。
タマちゃんは高齢で、慢性腎不全の治療を続けているが、まだまだ元気です。

「へへ・・・それで、いつか私も散骨してもらおうかな?」

「マダムが?それは話しが早いでしょ!」

私たちが笑い飛ばす。

「私ね、末っ子で他の兄弟達とはだいぶ年が離れてるんです。 母は早くに、私が十一歳のとき死んじゃいました。

父ですか?いいえ、父はずっと元気でしたが、最期はもう2年前になりますが、私が看取ったんです。

病室のベッドでね、父の息が、段々小さくなっていく時、わかるんですよ。私、現場でいつも見慣れてたからですね、

『・・・ああ、もう・・逝くなぁ・・・』

って、眠っている父の顔を見つめてそう思いつつ、じっと傍で座っていました。」

詳しいことは伺いませんでしたが、他の兄弟がおられず、マダム一人でお父さんを見送られたようでした。

言葉の端々からは、心細くて身内を頼りにしているのでなく、一人で生きていこうとする潔い明るさが、伝わってきました。

お父さんの想い出でを話すマダムの目は、涙で潤んでおられましたが、それをぐいと手でぬぐうと、タマちゃんの籠を下げて笑いながら帰って行かれました。
トップへ戻る
nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。