So-net無料ブログ作成

聖ノア通信 - 当病院の日々の出来事、ペットにまつわる色々な話をつづります -

のんびりベランダに寝そべっていた頃

「ほほほ・・・主人が呆けて、もう十年になります。」

暫らく前のことでした。
高齢の犬、ハナちゃんの治療に通っておられたマダムが、ある日こんな話をしてくださいました。

「夜中にね、主人が高速道路をふらふら歩いていたと、警察から知らせがあったんですよ。」

どうやって高速道に入り込んだのでしょうか?マダムはさぞびっくりして迎えに行ったことでしょう。いや、もしかしたら、警官がパトカーで自宅まで送って来てくれたのかもしれませんが。

「介護は大変ですよねえ、かといって、施設入所も決心がつかないし・・・。」

「いいえ、それが本人は、老人ホームに入りたい、入りたいって言ってたんですよ。それでね、入れたんですが、月に30万円も払っていました。フフフ・・・」

「えー、30万円ですか!」

わたしはあまりに高いのにびっくりした。

「はい、その後、油山の近くの病院に入院したんで、月に数万円になりましたけどね。
だけどね、やれやれ、やっと落ち着くかと思ったら、今度は娘が卵巣癌になってねえ・・・。」

たしかに、人生というのは、ほっとできる時間は僅かな間かもしれません。
いつも人は何かを心配したり、何かと闘ったり、あるいは何かをめざして、果たして報われるかわからない汗を流しているばかりでしょうか。

「お嬢さんが病気では、また心配でなりませんね。」

「・・・・・・・・」

マダムはそれには答えず、動けないハナちゃんに話しかけます。

「ハナちゃん、散歩に出たい?出たいよねえ。
 そろそろ子供達が、ぞろぞろと学校から帰りよるかもしれんよ。

 ハナちゃん、あんた毎日ベランダに寝そべって、帰る子供達を見よったもんねえ。そしたらみんな、ハナちゃんに挨拶しよったやろ!?

 ハナちゃんは、子供が好きやったもんねえ。

 ハナちゃん、お母さんよ、わかる?ハナちゃん!・・・」


ハナちゃんは、今は黙ってマダムに抱かれているばかりです。
トップへ戻る
nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。