So-net無料ブログ作成

聖ノア通信 - 当病院の日々の出来事、ペットにまつわる色々な話をつづります -

2kgのミドリガメ

「先生、亀は診てもらえますか?」

ある日大きなミドリガメを連れて、ムッシュIがおいでになりました。にっこり笑顔の素敵なムッシュです。

「いや、私は亀はあんまりわかりませんが、どうしました?」

「雨の日に家から逃げ出して、探して近所で見つけたんですが、多分交通事故に遭ったかと思うんです・・・。」

「交通事故・・・ですか?」

亀の入ったタライを、診察台に上げてもらう。
ゴソリゴソリとその中で動き回るミドリガメの甲羅には、ピンク色の肉が見えるようにヒビが走っている。微出血も見られた。

「むむ、確かに割れていますね。甲羅の割れは、骨折と同じですから痛いでしょうね。体重はいくらかな?・・・えーと、ちょうど2kgですね、大きいなあ。」

「はい、もう15歳になります。」

15年も飼えば、亀も随分可愛いでしょう。飼主とそうでない人との判別もつくと聞いています。

甲羅の割れや手術後の傷にはパテで塞ぐと本で読みましたが、あいにく材料の準備がなく、軟膏塗布をして医療用シールを貼るだけにしました。

「この亀は卵を産むんですよ。」

ムッシュがそう言われた。

「水槽で産むと自分で踏み潰しちゃうんですがね。以前は庭の土に産んでたんですよ。でもそうしたらヘビが来るんですよ。なぜか分かるんでしょうね。不思議ですね、卵を産むとヘビが来てましたからね。え?ヘビですか?シマヘビです。

それが僕は気持ち悪くてですね。もう土の中には産ませないようにしました。」

「へえ、どうして卵が分かるんでしょうね。それで侵入して来たヘビを見つけた時ムッシュはどうしました?退治したんですか?」

「いえ、追い払っただけです。」

優しいムッシュです。逃がしてやったようです。

さて、それからだいぶ経ちましたが、あの亀の甲羅はうまく治ってくれたかなあ・・・・?
--------
トップへ戻る
nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。