So-net無料ブログ作成

聖ノア通信 - 当病院の日々の出来事、ペットにまつわる色々な話をつづります -

もう一度畑に行こう!

「タローが三日間下痢して、それにしょんべんばっかりすると!」

ムッシュHが中型犬のタローを、農作業用軽トラックに載せて連れて来られました。

「三日間、下痢が続いているんですか?」

「うん、何も喰わんごとなっとる。様子見よったけど、こらいかん思うて連れて来た。」

診察台に上げてもらったタロー君、なるほど立っているのもしんどいようで、腹這いになって伏せてしまいました。 

「吐き戻しはありますか?」

「いんや、吐いてはおらんばってん・・・」

八度三分で熱はありません。後ろ足から採血をさせてもらうと、白血球が少し上昇しており、肝臓酵素の一部も増加しています。

しかし最も顕著なのは、胆嚢系と腎臓系の値でした。どちらも非常に高くなっています。

「そうね、そんなら、注射でもしてくれんね。」 

「あの、ムッシュ、これはすごく悪そうですから、連れて帰るより入院させた方が良さそうですよ。今日、明日が危ないかもしれません。注射するぐらいじゃちょっと、もう・・・」

「うん、そんなら入院させよう。」

感染症の可能性もあったので隔離室に入れました。ケージに入ったタロー君はやはりそうとうきつそうで、されるがままです。24時間点滴が始まりました 。

「どうね、今日は連れて帰れるね?」

翌日面会に来たムッシュが、そうスタッフに尋ねています。 

「いえ、ムッシュ、昨日お話ししたように、三日以上はしっかり治療を続けた方がいいですよ。」 

「タロー、タロー、・・・・・」 

作業帽の下の日焼けした顔をにっこりさせて、ムッシュは短時間で面会を済ませると、車に乗り込まれました。

また翌日来られたムッシュが言われました。

「もう連れて帰ろうかと思うけど。うちで看取ってやろうかと思うが。」 

「いえ、ムッシュ、数字は少しづつ改善して、本人の気分も少し楽そうですから、このままうまくいけば、死なないで済みますから、もう少し治療したらどうでしょうか?」 

「じゃあ、置いとこうかね。」 

タローの回復はゆっくりでしたが治療には反応してくれるようでした。どうだろうか、嘔吐が始まりはしないか?と、気をもみながらの点滴であり、実際一度は嘔吐をしたのですが、それでも時間がたつにつれ気のせいでしょうか、何となく目に輝きが見えてきました。

結局一週間の入院になりました。130を超えていた尿素窒素の値も 正常に戻る事が出来ました。フードも小分けして与えれば、美味しそうに食べてくれます。

「今日は、連れて帰るよ!」

「そうですね、ムッシュ。そろそろ一度、家で様子を見て戴きましょうか。 タロー君、帰ろうかね。」

来た時と違って、自分でしっぽを振って歩きながら、タローは帰って行きます。それにしても愛犬の一週間の入院は、ムッシュにとっては予定外の出来事になったのかもしれません。

もう11歳をすぎたタロー君ですが、どうぞ順調に回復して、またムッシュと一緒に畑に行けるようになってほしいものです。

 


トップへ戻る
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。