So-net無料ブログ作成

聖ノア通信 - 当病院の日々の出来事、ペットにまつわる色々な話をつづります -

だって、まつ毛は大事!

(まあ、なんてきれいなまつ毛なんだろう!)

風邪を引いた後の咳がいつまでも長引くので、ぺ子が近所の病院に行った時でした。喉にお薬を塗ってくれた看護士さんが、あまりにも眼元のパッチリした美人だったので、感心して見つめました。

(素敵な目だわ、このまつ毛は、本物かしら、それとも、つけてるのかしら?)

ぺ子は気になって仕方なかったのですが、まさか「それ、本物ですか?」なんて失礼なことは聞けません。心の中で気になりながら、黙って帰りました。

それから十日後です。「コンコン」まだ咳が続くので、またお薬を貰いに行った時です。再びその綺麗な看護士さんに会いました。やっぱり素敵なまつ毛です。ぺ子は、もうどうしても我慢が出来なくなりました。

「あのお・・・、とても素敵な長いまつ毛ですね!」

「あら、フフフ・・・、これ、エクステンションなんですよ。」

「へえ、・・・、でも、きれいですね。どうしたら、そんなに出来るのかしら?」

「はい、行きつけのスパがあるんです。月に一回通って、手入れしてもらってるんです。」

「ふーん、毎月ですか・・・、で・・・あの・・・ふーん・・・」

なんて失礼なぺ子でしょう。とうとう看護士さんから、行ってるお店の名前からかかる費用まで聞き出したのです。

皆さん、まつ毛が少しぐらい長かろうが、短かろうが、いいではありませんか。こっちはまつ毛どころか、頭の毛が寂しくなっても我慢しているのに、ぺ子はまつ毛の量なんか増やしてどうするんでしょう。

しかし、後日です。休みを使って、ぺ子は根掘り葉掘り聞きだした例のお店に行ったのです。

「あったあった、ここだわ! こんにちわ、あの、まつ毛にエクステンションをしてもらえますか?」

「はい、どうぞ。・・・で、少し硬めのまつ毛と柔らかめのまつ毛とどちらにしましょう。」

「え! 硬めか、柔らかめか? え、どうしよう、どっちがいいのかなあ・・・」

「料金が違いまして、・・・・・」

まつ毛に硬めと柔らかめの二つが用意されているとは知りませんでした。でも、もし目に入ったら硬い方がより痛そうです。

さあ、ぺ子はどっちのまつ毛をつけたのでしょうか?

もし当院に来られて、彼女のまつ毛に気がついた方は、

「わあ、きれいなまつ毛ですね。まつ毛がすごい!まつ毛が立派!・・・」

と、暇があったら、言ってあげてください。


トップへ戻る
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。