So-net無料ブログ作成

聖ノア通信 - 当病院の日々の出来事、ペットにまつわる色々な話をつづります -

それなりに見えた?

「あなたのお子さんですか?」

待合室にいた時、飼い主さんからマル子がそう尋ねられました。

ちょうどその時、待合室には里親探しの子猫がケージに入れられて展示されており、その子猫目当てに近所の小学生が二人、遊びに来ていたのです。

ケージの前に陣取って座り、指を入れて子猫を可愛がったり、ウロウロしていたのです。その子達にマル子が優しい声をかけていたので、子供と勘違いされたようです。

「えっ、いいえ、ちがいますよ。」

マル子は笑いながら即座にそう答えました。

「フフフ・・・」
そこに居合わせた私もニヤニヤしながら聞いていましたが、でも改めて考えさせられました。

20歳で当院に勤め始めてから、少しも変わらない様に思っていましたが、そうか、彼女も随分おとなになったのでしょう。
今では欠くことのできない大事なスタッフです。

あるいはその時の言葉には、ちょっとだけ歴史を感じた?かもしれませんが・・・。

そういえば、私も最近出かけた店先で、親切な店員さんから「どうぞお待ちの間、お掛けになりませんか。」って、言われる事が増えたような気がしますが、

うむ、あれは、やっぱりそういう意味かしら・・・?
トップへ戻る
nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。