So-net無料ブログ作成

聖ノア通信 - 当病院の日々の出来事、ペットにまつわる色々な話をつづります -

ピラミッド来る!

「昨日の休みは、知人と歌舞伎を観に行きました。」

朝の診察の合間、カメ子がそう言った。当院きっての文化人カメ子は、最近はいよいよ歌舞伎まで趣味を深めたらしい。

「へえ、それはいいことだねえ。たまには、歌舞伎なども観ないとねえ。」

「はい、高い席もあるんですよね、でも私たちの席は安いんですが、それでも四千円もしました! 売店のお弁当も高くて、教えられたとおりパンを買って行って正解でした。」

最初に食べ物の報告が告げられる。きっと内心は高いお弁当を食べてみたかったのかもしれない。

「で、ですね、結構、現代の世相なんかも取り入れていて、台詞の中に政治問題まで揶揄して入れたりしていたんで、会場がどっと笑ったりして、意外でした。

最初は聞き取れていたんですけど、終わり頃は良くわからなくて・・・・でも、とても良かったです。博多座は、福岡にとって大事なところですね。」

「そうだね、大事な場所だよね。ところで僕は昨日は、『トリノ・エジプト展』に出かけたよ。」

「どこであってるんですか?」

「福岡市美術館だよ。」

「えっ! 鳥のエジプト展ですか?」

その時、隣にいた猫娘が、不思議そうに口をはさんだ。

「え?いやいや、トリノだよ。」

「ああ、ヘヘヘ・・・トリノオリンピックがあったトリノですね。それで、どんなものがある展覧会ですか?」

「うん、エジプトのピラミッドから発掘されたものや、古代エジプトの品々だった。」

「えっ! ピラミッドを持ってきてるんですか?」

「ハハハ、いやいや、・・・ピラミッドは来てないんだけどね。」

「あ、そうですよね、テヘヘ、ピラミッドが来るはずないですよね。・・・もう少しよく考えて話さないといけないなあって、私、いつも思うんですけどね。ついぺろって・・・」


かくして、当院の貧しい文化談義は、いつもの如く、このあたりでしぼんだのでした。
トップへ戻る
nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。