So-net無料ブログ作成

聖ノア通信 - 当病院の日々の出来事、ペットにまつわる色々な話をつづります -

ばっさり

二月にしては珍しく暖かくなったある日の昼下がり、飼主のJ兄弟に連れられて、猫のリンちゃん(仮名)が一年ごとのワクチンに来ました。

「元気ですか?」

「はい、特に異常はないと思います。」

茶色と白の被毛は毛艶も良く、賢そうな澄んだ目でキョロキョロ診察室を見回しています。

「体重は5.1kgかな、ちょっと増えましたが、健康そうですね。ではワクチンを注射しましょう。」

体温測定と聴診もすませ、問題なしと判断してキャリーバッグのドアを開けると、リンちゃんは「やれやれ、これで帰れるぞ!」とばかりにそそくさとカゴの中にもぐりこみました。

「おだいじにどうぞ・・・」

さて検査室に戻って椅子に座りしばらくしてからのこと、ふっと疑問が湧き、そばでモップかけをしているカメ子に聞きました。

「ねえ、Jさんの所、猫はニ匹だったっけ?なんだかこの前ワクチンしたような気がしてさ・・・。あれからまだ一年たってないような気がするんだけど。」

「はい、二匹います。この前は別の子を連れて来られました。でも先生、先生は一年前も同じことを私に質問をしましたよ。」

カメ子はピタッとモップの手を止めると、私のほうを向いてそう言い放ちます。

「え? そうだっけ、一年前も同じことを僕は聞いたの? 君はそれを覚えているわけ?・・・」

「はい、そうです。」

モップを忙しそうに動かしながら、なんだか冷たいカメ子の声である。
私は、もごもごと口を動かすが、言葉は出ない。

「・・・でも先生、2年間同じことを聞いたということは、先生の時間の感性が衰えてないということにもなりますから、それはそれでいいんじゃないですか?」

カメ子はそう言いながら、さっさと隣の部屋へ移って行った。

これが武士の立ち合いなら、私は正面から切られ、すれ違ったところをもう一度背中から切られた気分である。

無念!
トップへ戻る
nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。