So-net無料ブログ作成

聖ノア通信 - 当病院の日々の出来事、ペットにまつわる色々な話をつづります -

中洲のイタチ

「あの、イタチなんですけど、診てもらえますか?」

少し冷え込んできた四月のある金曜日の夜です。マドモアゼルが段ボールを抱えて来られました。

「この中に入っているんですけど、弱っていて・・・」

イタチのすばしっこさを知っている私たちは、箱を開ける前にネットで包み、逃走の備えをして恐る恐る蓋を開け、中を覗いた。暗くてよく見えない。ゆっくり箱を傾け、イタチをネットへ滑り落とす。

スルスルと出てきた茶色の小さな体。鼻の頭が白くて、貧血している。上半身は動かすが、後肢は力が入らない様子でした。

しかし、相手はイタチです。油断しててもし逃げ出されたら大変なので、あくまでも慎重に観察します。

「保護したのは中洲です。はい、道路上で、足を引きずっていたのです。」

「よく、捕まえられましたね。」

「いえ、動けなくなっているのを店長が見つけて、タオルで包んで抑えたんです。」

レントゲンをとるため抱いて移動させようとしたとき、細い鋭い牙をザクリと革手袋に食い込ませてきた。力は弱いが、牙が細いので、針のように深く刺さって来る。

「危ない、危ない」

ネットに入っているからと言って、甘く見なくて良かった。私はあわてて革手袋から手を外し、ネットのままぶら下げてレントゲン室へ連れて行く。

きちんとポジションをとれないのでいい撮影はできなかったが、どうやら足には骨折はなさそう。しかし脊柱に骨折を見つける。

「うーん・・・・・」

お腹は真っ白に写り、腹水の存在あるいは腹部の外傷が疑われた。瀕死の重傷のようです。野生動物で、ケアをしてあげにくいので、回復は難しいと予想されました。

「厳しいですね。本人が治療を受け付けないでしょうから、暖かくして、栄養をとれるよう世話をして、あとは生命力に任せるしかないでしょうか・・・」

二週間有効の抗生物質を注射し、ビタミン剤だけお渡しした。

それにしても、優しい方々です。

道路で倒れてるイタチを捕まえた店長、

「おい、病院に連れて行ってやろう、誰か病院知らないか?」

「じゃあ、調べてみます、私が連れて行きます。」

「うん、じゃあ、頼むよ。僕は店を開ける準備があるから。」

こうして、遠い病院まで連れて来るなんて。

私は中洲の街に暮らす若い方々の、心優しい行動に、感銘を受けずにはおれませんでした。

 


トップへ戻る
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。